水のコラム

シャワーの水が流れない!浴室の排水口の詰まりはなぜ起こるの?

2021年06月04日  お風呂のトラブル

浴室で水はけが悪い、流した水が逆流してくる、などの不便を感じたことはありませんか?
排水口のどこかに詰まりが生じている可能性があります。
詰まりを放置しておくと、水漏れトラブルに発展する危険があります。

賃貸住宅で階下への漏水があった際は、賠償責任を巡って訴訟になるケースもあるのです。
詰まりを見つけたら放置せずにすぐに解消しましょう。
お風呂場には洗い場と浴槽の中にそれぞれ一つずつ合計2つの排水口があることが一般的です。
では、どこでどのように詰まりは発生しているのでしょうか?

排水口の仕組み

洗い場の排水口には、排水トラップという設備があることはご存じでしょうか。
排水口カバー、固形物を受け止めるヘアキャッチャーの下に一定数の封水と言われる水を貯水することで、下水からの悪臭や害虫の流入を防ぐ役割をしています。

排水トラップは大きく分けて2つの種類があります。
一つ目は椀トラップという、お椀をひっくり返した形のフタが排水管に設置されているものです。

2つ目はドラムトラップと呼ばれており、ドラム型の封水筒にたっぷりと貯水できるタイプのトラップです。
近年ではアパートやマンションなどの集合住宅を中心に、後者のドラムトラップが多く見られます。

浴槽の排水栓は浴室の下で洗い場の排水トラップに合流します。
詰まりは浴槽の排水栓、洗い場の排水口、排水トラップ、排水管のいずれかで生じているケースが多いのです。

詰まりの原因と対処法

詰まりの原因のほとんどは、髪の毛や身体から出る皮脂や垢、シャンプーなどの油分、石鹸カスです。
これらが排水口や排水管に付着し、水の流れを悪くしているのです。

また、誤って流してしまったヘアゴムや詰め替え用の容器の切れ端、ボトルのフタなどの固形物が排水管を塞いでいるケースも考えられます。
そして、湿度の高い浴室はカビの温床でもあるので、排水口内で繁殖してしまっている可能性もあります。
では、詰まりを発見したらどのように対処すればよいか、場所別に紹介しましょう。

①排水口や排水栓など排水トラップの汚れ
少し掃除を怠ると、あっという間に石鹸カスや髪の毛が蓄積して水が溜まってしまう排水トラップですが、掃除はとても簡単です。
まずパーツをすべて外して髪の毛やゴミを取り除き、歯ブラシやスポンジで汚れやヌメリを取り除いたらパーツを元に戻しましょう。

それだけではヌメリなどが取りきれない場合は、重曹とクエン酸水を注いで数分放置して流してみてください。
刺激が少ない安全な方法ですが、ヌメリや髪の毛や石鹸垢、皮脂汚れにはとても効果的で、排水管の汚れも頑固なものでなければ取り除いてくれます。
 
 
②排水管の汚れ
排水トラップの清掃をしても水の流れが改善しない場合は、排水管に頑固な汚れが蓄積している可能性があります。
その場合、まず市販のパイプユニッシュなど、専用の薬剤を用いてみましょう。

使用方法は至って簡単で、ヘアキャッチャーなどの汚れを取り除いた後薬剤を直接排水口に注ぎ込み、数十分放置してからシャワーで流すだけです。
ただ、強力な薬剤ですので、十分な換気をして手袋をはめて作業する、他の洗剤とは決して混ぜないなど取り扱いには十分注意が必要です。

薬剤を用いても流れが悪い場合、溶かしきれない固形物が排水管を塞いでいる可能性があります。
その場合は「スッポン」の愛称のラバーカップで直接汚れを吸い出しましょう。

カバーやヘアキャッチャーを外した排水口にカップの部分をしっかりと密着させた状態で、カップが隠れるほどの水を注ぎ、ぐっと押し付けた後思い切り柄の部分を引き上げると、うまくいけば詰まりが抜けます。
より強力な真空式のパイプクリーナーという吸引器もありますから合わせて検討してみてください。

また、ワイヤーブラシという直接詰まりの原因を削り取る道具もあります。
数メートルの細いワイヤーの先に小さな毛が密集したブラシがついており、排水管に差し込むことで詰まりに接触し髪の毛や油や石鹸カスの塊などを削り取ります。

ただ、詰まりの原因に届かない場合はそこまでの排水管の汚れをこそげ取り押し込む形になるので、詰まりを悪化させてしまうこともあるのです。
また、使用方法によっては排水管内部に傷をつけてしまう可能性もありますから、使用の際は慎重に行ってください。
 
 
③排水升の汚れ
浴室の排水口を掃除しても詰まりが改善しない場合は、屋外の排水升も一度見てみましょう。
排水升とは排水管と下水のつなぎ目にある装置で、一時的に排水を貯めています。

そこに汚れが溜まり過ぎると流れが悪くなるだけでなく、排水が逆流してしまうこともあります。
逆流や臭いが気になる場合は排水升をチェックし、汚れがひどいようならスコップなどで取り除きましょう。

詰まりの予防策

詰まった場所の特定や状況に応じての的確な対処をトラブルが起きた状態で冷静に行うのは難しいでしょう。
しかし、日常の掃除にいくつかの習慣を組み合わせることで、詰まりのリスクを軽減することは可能です。

まず、ヘアキャッチャーにネットを被せるなどして、髪の毛や固形物の排水口への流入を防ぎます。
溜まった髪の毛は最低でも週1回は取り除き清潔な状態を保ってください、

また、シャワーを使用した後さっとシャワーを排水口や汚れやすい壁や床にかけ、スポンジなどで擦ることを日課にするだけでも汚れの蓄積はだいぶ減らすことができます。
それでも落ちない頑固な詰まりや臭いなどは、プロに相談してみませんか?

水のサポート香川では、高松市の他、丸亀市、三豊市、さぬき市など香川県全域でキッチンをはじめとした水まわりのトラブルの解消に尽力しています。
お客様からお電話一本でスタッフが現場に駆け付け、原因に応じて適切に対応いたします。
水漏れやつまりなどでお困りであれば、ぜひ当社にご連絡ください。

水のサポート香川 0120-670-076

水のサポート香川 0120-670-076