水のコラム

冬場の冷え込み厳しい日は特に注意!水道管が凍結しやすい条件と凍結したときの溶かし方

2021年06月21日  水道管の凍結

冬場の冷え込みが厳しいと外に出るのはもちろん、布団やこたつから出るのもイヤになります。そんな日は水道管が凍るリスクが高まるので、寝る前にしっかりと凍結対策をしておきたいものです。はじめに、水道管が凍結しやすい条件から見ていきましょう。

水道管が凍結しやすい条件とは

水道管が凍結するには、最低気温がマイナス4度を下回る日が続くことが挙げられます。そのほか水道管がある場所の方角や日当たりなども関係しているので、屋内外の水道管の場所をチェックしてみてください。屋内でも北側にある水道管は要注意です。

・気温がマイナス4度以下の日が続く
・屋外の水道で水道管がむき出しになっている
・北側など日当たりがあまり良くない場所に設置されている
・風当りの強い場所に設置されている

冷え込みが厳しい日が続くときは、何らかの凍結防止対策を取りましょう。

水道管が凍結したときの症状とその後すぐにできる対処法

では、水道管が凍結したらどうしたら良いでしょうか。ここからは焦らずに状況を確認して対処できるよう、症状と対処法を解説していきます。

・水道管が凍結したときの症状
水道管が凍結したときは、水道管の中の水が凍っている状態のため、水が出ないか、出たとしてもポタポタ滴る程度しか出ません。どれほど凍っているかにもよりますが、いつも通りにジャーっと出ることはありません。

・凍結したかも?と思ったときにやっておきたいこと
蛇口から水が出ないかポタポタ滴る程度しか出ないとき、凍結の疑いが強くなります。はじめに蛇口と水道の元栓を締めて水を止め、水道メーターの動きが止まるかどうかを確認してください。水道の元栓は、戸建てなら敷地内の水道メーターが設置してあるメーターボックス内にあり、マンションやアパートなどの集合住宅の場合は建物の外か玄関の脇に設置されていることが多いです。

水道の元栓を締めても水道メーターが動いているときは、水道管が破裂している可能性が高いので、早めに水道局指定業者に連絡を入れて修理してもらいましょう。そして、できる範囲で良いので水道管が破裂したところを探してみてください。特定できる場合は、テープなどを使って漏水箇所を応急処置しておくと、水道管の周囲を水浸しにしないで済みます。

冷え込みが続くときにできる水道管凍結防止策はコレ

近年は冬の冷え込みや夏の暑さなど、天気予報の精度が高くなってきているので、冷え込みが続くときは最低気温が何度なのか、天気予報でチェックしておきましょう。気象予報士が「水道管凍結に気を付けてください」などとコメントする日は、次の凍結防止策を講じることをおすすめします。

・むき出しの水道管をぼろ布や保温材で包む
屋外にむき出しの水道管がある場合は、ぼろ布や保温材で包むことが有効です。むき出しになっている水道管から蛇口までをすっぽりと包むことが望ましく、できればメーターボックスにもぼろ布や発泡スチロールなどを使って保温しておくと良いでしょう。

・寒波のときはあらかじめ寝る前に水道の水をポタポタ流して寝る
寒波の襲来など、普段とは違う冷え込みが予想される夜は、夜寝る前に室内の蛇口からポタポタと滴る程度の少量の水を出しっぱなしにしておくのも効果的です。ただし、水道料金がかかる方法なので、ポタポタと出しっぱなしにした水をたらいなどに貯めておき、あとで利用するようなど工夫するとよいでしょう。

・屋内の場合は室温を下げない工夫をする
水道管が屋内にある場合は、室温を下げないことも凍結防止に役立ちます。屋外の地中の水道管が凍るようなら仕方ないですが、そこまでではない場合、室温を一定の温度に保つことで急激な冷え込みから守ることができます。できれば、夜間も低温でエアコンや床暖房などをつけっぱなしにしておくと良いでしょう。また、トイレの場合は便座を温めたままにしておくのも有効です。

水道管が凍結したときの溶かし方

水道管が凍結したと確認できたときは、焦らずに凍結した部分を特定してタオルやぼろ布などを巻き付けて、ぬるま湯をかけてください。このときに熱湯を使うのはNGです。急激な温度変化のために水道管や蛇口が破裂する恐れがあります。

ぬるま湯をゆっくりかけて溶かしても、すぐに蛇口からは水が出ないこともあります。この場合、蛇口は締めたままにしておき、室温を一定に保つようにして水道管が解凍するのを待ちましょう。

室内を暖めることは、壁や床などを伝って水道管にも温度が伝わり、ゆっくり解凍することに貢献します。水が出るようになるまでは水道が一切使えなくなりますが、日中の気温が上がってくるにつれて溶けることが一般的です。

それでも水道管が凍結してしまったときは水回りのトラブルのプロに相談を

水のサポート香川では観音寺市などをはじめ、高松市、丸亀市、坂出市、三豊市、木田郡など香川県全域を対象に、水トラブルの解決に尽力するプロ集団です。トイレやキッチンなどの水回りはもちろん、水道管のトラブルにも対応が可能です。おかしいなと思ったらすぐにご連絡ください。経験豊富なプロが丁寧かつ迅速に対応します。

水のサポート香川 0120-670-076

水のサポート香川 0120-670-076