水のコラム

お風呂の蛇口から水漏れが発生した場合の修理の方法とは ?

2021年07月12日  お風呂のメンテナンス

お風呂にある蛇口の水漏れの原因は?

お風呂の蛇口の水漏れが起きると、水道代が無駄になるのはもちろんのこと、いつの間にか水が溢れて下の階や床下に漏れてしまうこともあります。では、水漏れの原因とは何なのでしょうか?ほとんどの水漏れは、以下の4つのどれかが原因に当てはまると言われています。

・パッキンの劣化や破損
蛇口の接続部分にはゴム製のパッキンが必ずついており、水漏れを防いでいます。ただ、パッキンは水に触れることが多いため、非常に劣化しやすい部分です。パッキンが劣化するとひびが入り、そこから水が漏れたり破損したりすることがあります。使っていくうちに劣化する部分なので、最も水漏れが起こりやすいです。パッキンの劣化や破損が水漏れの原因なら、自分で新しいパッキンを購入して付け替えることも可能です。

・給水管のトラブル
蛇口部分ではなく蛇口が取り付けられている壁や台から水漏れしている場合は、給水管のトラブルが発生している可能性があります。給水管の劣化や破損、部品の緩みなどにより、配管自体から水漏れが発生することもあります。蛇口が台についているタイプで、台のフタを開けて手が届く場所に水漏れの箇所があれば、給水管にテープを巻くなどの対処ができます。しかし、水漏れの場所が見つからない、壁付タイプの蛇口の場合などは、業者に頼むほうがよいでしょう。

・バルブのトラブル
風呂場の蛇口が混合水栓の場合は中にバルブが入っており、バルブの中にはカートリッジが内蔵されています。このカートリッジのトラブルで水漏れが起きる場合もあります。この場合、カートリッジを交換すれば水漏れを修理できます。

・部品の劣化や破損
その他の部品の劣化や破損により水漏れが発生することもあります。原因が特定できれば自分で対処することも可能ですが、原因がわからない場合は業者に任せるのが安全です。

お風呂の蛇口の種類によって修理方法が異なる

お風呂の蛇口には、主に以下のような二種類のタイプがあり、それぞれ修理の方法が異なります。

・壁に蛇口が直接付いているタイプ
蛇口が壁に直接付いているタイプは、配管が壁の内部にあります。そのため、配管から水漏れが起きている場合の修理は、大掛かりな工事になります。この場合は、自分で対処せず、業者に頼みましょう。

・台に蛇口が付いているタイプ
風呂場の台に蛇口が付いているタイプは、台のカバーをはずすと配管を確認できます。カバーをはずした内部で配管から水漏れが起きている場合は、自分で修理することも可能です。

お風呂の蛇口やパッキンの交換方法

蛇口やパッキンなどの部品を交換するだけなら、自分で修理できる場合もあります。ここでは、自分でお風呂の蛇口やパッキンなどの部品を交換する場合の手順をご説明しましょう。ただし、マンションなどの集合住宅では、管理会社や大家の許可なしに蛇口や部品を交換することはできません。その場合、必ず管理会社に確認してください。

・道具と新しい部品を用意する
スパナ、各種ドライバー、シールテープ、歯ブラシなどの道具を用意します。シールテープは蛇口の接続部分に巻いて水漏れを防ぐためのものです。歯ブラシは部品の掃除に使います。交換用の新しい部品を用意する際には、前と同じ形状のものを用意しましょう。古い部品をホームセンターなどに持って行って、同じものを購入することをおすすめします。

・止水栓を止める
修理する前に、必ず止水栓を止めてください。そうしないと、蛇口を取り外した際に水が出てきて水浸しになってしまいます。

・ナットを緩めて蛇口をはずす
蛇口が取り付けられている部分のナットを緩めて、蛇口を取り外します。蛇口を取り外す際、給水管の中に残っていた水が噴き出すことがあるのでご注意ください。取り外した後は、部品を分解しますが、細かい部品がなくならないようにきちんと並べておきましょう。

・歯ブラシなどで汚れを取れる
今まで使っていた蛇口をそのまま使う場合は、蛇口の内部を歯ブラシなどで部品の汚れを取ります。蛇口の内部が汚れていると水の流れが悪くなります。せっかく部品を取り外したので、この機会に汚れを取れっておくとよいでしょう。また、接続部分についていた古いシールテープを丁寧に取り除きます。古いシールテープが残っていると新しいテープを貼るときに邪魔になるので、きれいに取り除いておきましょう。

・部品を交換する
部品を交換する場合は、パッキンやバルブなどの劣化した部品を交換します。同じ形状のものを取り付ける必要があるので、古い部品を取り外してホームセンターなどに持って行き、同じ部品を購入するとよいでしょう。

・蛇口を取り付けてシールテープを巻く
蛇口を元通りに組み立てたら、元のように取り付けます。取り付けてみて、何回転回すと完全に取り付けられるか数えます。蛇口の接続部分にシールテープを右回りに7,8回ほど巻き、先ほど数えた数より1回転少ない回数だけ回して取り付けます。蛇口が元のように水平に取り付けられていることを確認したら、最後にシャワーホースを取り付けます。止水栓を開けて水を流してみましょう。水漏れが起きなければ、修理は完了です。

お風呂場の蛇口の水漏れは水のサポート香川にお任せください

水のサポート香川では丸亀市、さぬき市、三豊市、坂出市など香川県全域でお風呂場や洗面所などの水周りのトラブル解消に尽力しています。お客様からお電話一本でスタッフが現場に駆けつけ、原因に応じて適切に対応いたします。水漏れやつまりなどでお困りであれば、ぜひ当社にご連絡ください。

水のサポート香川 0120-670-076

水のサポート香川 0120-670-076