水のコラム

見逃さないで!トイレの水漏れにはサインがあります!

2021年07月21日  トイレの水漏れ

「トイレの水漏れ」と聞いたら、どんな状態を想像しますか?きっと多くの人は床が水浸しになるほどの、洪水のような症状を思い浮かべるでしょう。しかし、水が溢れるだけが水漏れの症状ではありません。パッと見たところ分からない場所で静かに水漏れが起きており、水道料金の請求を見て驚愕するというパターンも少なくないのです。

しかし、どんな水漏れにも必ず何かしらのサインはあります。普段の数倍かかる金額の水道料金が請求される前に、水漏れの前兆を捉え早めに対処しましょう。

タンク内の水漏れ

水を流した後にタンクの中でちょろちょろと音がする、レバー付近がじわじわと濡れている、止水栓からぽたぽたと水が落ちてくる、という場合、タンク内に原因がある可能性が高いです。

トイレのタンクには、ボールタップという水位を調節する球状の部品、オーバーフロー管という水を排出し水位を一定に保つための棒状の管、フロートバルブというタンク下にあり便器内に水を排出する際の水門のような役割をする弁、そのバルブとレバーを連動させるチェーンがあり、それぞれが連動することでトイレは正常に作動できます。

しかし、ゴム製のボールタップやフロートバルブは経年劣化しやすく、また、タンク内に瓶などを入れて節水を行っているご家庭では部品の破損も起こりやすいため、機能しなくなると水漏れにつながります。

まず、止水栓を閉めタンクの水を空にして、部品に破損やひび割れがないか確認しましょう。もし不具合が見つかれば、同様のものをホームセンターなどで購入すれば比較的簡単に取り替えすることが可能です。止水栓や給水管の接続部が濡れている場合は、ナットの緩みやパッキンの劣化が原因と考えられます。こちらも部品を購入すればご自身で交換することは可能です。

便器と床の間が湿っている

汚れのたまりやすい便器と床の間がじわりじわりと濡れてくるようでしたら、原因はいくつか考えられます。一つは、便器を設置する際の施工不良です。工事の際に便器と排水管の接合が不十分なため、接続部から水が漏れている可能性があります。新築後間もないご家庭やリフォームを行った直後の水漏れでしたら、大体の場合このパターンです。施工を行った業者に連絡をして修理を依頼してください。

もう一つは、排水管に詰まりがあり水が逆流している、もしくは排水管自体に亀裂などの損傷がありそこから水が溢れ出ているパターンです。水を流した際にコポコポと異音がして、便器内の水位が高くなるようなら排水管の詰まりを疑って良いでしょう。

詰まりの原因はさまざまで、トイレットペーパーや便などが詰まっている場合や、誤って落としたアクセサリーやペンやおもちゃなどの異物が引っかかっている場合があります。トイレットペーパーなど水溶性のあるものを詰まらせてしまった場合、ぬるま湯を流せば解決することもあります。

それ以外のものは詰まり専用の洗剤やラバーカップなどを用いれば、程度によっては詰まりの原因を解消することが可能です。

しかし、無理に固形物を取り出そうとすると排水管の破損を招く危険もあります。また、排水管の亀裂の場合もご自身で対応することは難しくなりますので、無理をせず水道修理業者へ連絡をしましょう。

3つ目は、便器自体がひび割れなどの破損をしており、そこから水漏れしているパターンです。陶器の丈夫なトイレが割れるなんてあり得ない、とお思いかもしれませんが、詰まり解消のために熱湯をかけたり、重いものを乗せたり便器に乗ったりを繰り返すとひび割れが起こる可能性は大いにおあります。水漏れ用の補修のテープや専用のパテなどで一時的に亀裂を塞ぐことは可能ですが、できるだけ早く便器の交換を行うことをおすすめします。

最後に、実は水漏れではなく結露が原因というパターンもあるのです。寒冷化では室内外の温度差により結露が発生しやすくなっています。結露の場合十分水気を拭き取り換気を行えば、問題ありません。

ウォシュレットからの水漏れ

便器ではなくウォシュレットが原因で水漏れしているというパターンもあります。ウォシュレットは給水管のフィルターの目詰まり、ノズルの故障、パッキンの劣化などが原因で水漏れが起こります。それぞれホームセンターで購入すれば、ご自身で交換することは可能です。しかし、ウォシュレット本体の故障による水漏れはメーカーでの対応になりますので、一度取り外してメーカーに問い合わせてください。

水漏れの後床のケアも大切です

水漏れを発見したら、水を止めることに注意が行きがちですが、水に濡れた後の床をしっかりと拭き取らなければ、クッションフロアの下の木材の腐敗を早め、大規模な修繕が必要になる危険があります。

また、排水には雑菌もたくさん含まれているので、しっかりと除菌することが大切です。水気を拭き取るだけでなく、その後乾いた布巾でしっかりと床に浸透した水気も吸い取り、アルコールで除菌をおこなうことも忘れないようにしてください。

トイレの水漏れは水のサポート香川にお任せください

排水管の破損や詰まりなど、ご自身で対処できない水漏れでお悩みの方はぜひ水のサポート香川までご連絡ください。365日24時間対応可能な水道局指定の私たちは、高松市、丸亀市、観音寺市、三豊市、琴平町、まんのう町など香川県全般で地域の皆様に密着して水回りのトラブルの解決に携わってきました。どうぞお気軽にお問い合わせください。

水のサポート香川 0120-670-076

水のサポート香川 0120-670-076