水のコラム

トイレでできる節水のやり方

2021年07月21日  トイレのメンテナンス

トイレの節水の方法

水を使う場所といえばお風呂や台所の印象が強いかもしれませんが、実はトイレも非常に多くの水を使う場所の一つです。一般的な家庭で使われる水のうちの約20%がトイレで消費されており、これは炊事や洗濯に使われるものより多い割合です。

意識せずに水を使う場所なのでトイレの節水を意識している家庭は、あまり多くないかもしれません。しかし上記のようにトイレは水を使う量が多く、そこでの節水は水道料金にも大きく貢献してきます。それでは、トイレの節水にどのような方法があるのか見ていきましょう。

ペットボトルを使った節水?

家庭でも簡単にできるトイレの節水法として、トイレのタンクにペットボトルを入れるというやり方を効いたことがあるかもしれません。タンク内の水をかさ増しすることによって、節水を行うというものです。たしかにこの方法で若干の節水効果があるのは事実ですが、デメリットの方が多いためおすすめはできません。

一つ目のデメリットは、タンク内部の部品を破損させる可能性があることです。タンク内部にはオーバーフロー管やボールタップといった壊れやすい部品が多く、ペットボトルが倒れた際にこれらが壊れてしまうことがあります。そうするとタンクからの水漏れにつながり、節水どころか逆に水の無駄遣いになってしまいます。

二つ目のデメリットは水を流した際の水圧が落ちることです。タンク内の水の量が減ることで水圧が小さくなるため、汚れを流しきれずに詰まりを発生させるケースがあります。家族がペットボトルを入れてそのままにしているという場合もあるので、掃除のついでに一度タンクの中身を点検してみると良いでしょう。もしペットボトルが入っていれば取り出して、別の節水方法を試してみてください。

節水器を使った節水

ペットボトルはおすすめできませんが、タンク内部はトイレの節水に重要なポイントです。そのため、タンク内部に設置する節水グッズがいろいろと発売されています。

・水洗トイレ節水器ロスカット
これは、トイレタンクの底を塞いでいるゴムフロートという部品に取り付ける節水器です。水圧をそのままに保ちながら、レバーを戻した後に流れ続ける余分な水をカットしてくれるので、安全に節水が可能です。トイレのメーカーや型番などによって取り付け方法が違う点、使用できないトイレがある点には注意が必要です。

・節水リング
こちらもゴムフロートに取り付ける製品で、流れる水の量を減らすことができます。さまざまな種類が販売されており、値段や対応便器で選ぶことが可能です。比較的安価な商品ですが、レバーが重くなるので水を流す際には多少の慣れが必要です。

・節水用ボールタップ
ボールタップは水量を感知して水を流す量を決めるタンク内の部品です。これを節水効果のあるものに取り替えることで、余分な水の流れを止めることができます。古いボールタップは水漏れを起こすこともあるので、新品に交換をする際は節水効果を意識して製品を選ぶのも良いかもしれません。

節水する他の方法

節水器を使う以外にも節水を行う方法はいくつかあるので、それらもここで紹介します。

・レバーの大と小を使い分ける
水洗レバーの大と小は流れる水の量が異なります。そのため、小の際は小のレバーを、大の際は大のレバーをきちんと使い分けることで節水につながります。しかし流す水の量が少ないからといって小ばかりを使うと、便器や排水管への汚れの蓄積、あるいは詰まりを引き起こすので注意が必要です。適切に使い分け、無駄な水を流さないようにしましょう。

・何度も水を流さない
トイレの際、何度も水を流すクセがついている人は1回だけ流すようにしましょう。もし1回だけで便器の汚れが流れないと感じる場合は、専用の洗浄剤やコーティング剤を使うことをおすすめします。水量が少ない、水圧が低い場合はトイレタンクに何らかのトラブルが発生している可能性もあるので、一度内部をチェックしてみましょう。

・節水効率の高い便器に交換する
最後はこれまでより大掛かりな方法ですが、トイレを新しいものに交換してしまうのも一つのやり方です。新しいトイレは少ない水量で効果的に汚れを流せるように設計されており、同じ使い方をしても水道料金に大きな差が出てきます。また、タンクレスで手入れが楽なものや、汚れが付着しにくい素材で作られているものなどさまざまな工夫が施されています。

もし今のトイレが古くなっていると感じるなら、個別に汚れや節水の対策をするだけでなく、新しいトイレに交換することも考えてみると良いでしょう。トイレのメーカーと型番によっては今使っている水量をホームページで確認することもできるので、買い替えの際の参考にしてみてください。

トイレの節水でお悩みの際は水のサポート香川にお電話を

水のサポート香川では、高松市の他、観音寺市、坂出市、さぬき市、善通寺市、東かがわ市など香川県内でトイレやキッチンをはじめとした水まわりのお悩みを解消しています。お客様からなお連絡を受けて調査を行い、迅速に対応いたします。トイレの詰まりや節水でお悩みの際は、ぜひ当社にご連絡ください。

水のサポート香川 0120-670-076

水のサポート香川 0120-670-076