水のコラム

トイレを詰まらせてしまう原因は?タンクの整備で詰まりを予防しましょう

2021年08月06日  トイレのメンテナンス

詰まりの初期症状は異音や流れの悪さ

トイレを使用した際に、水を流す度にゴボゴボと嫌な音がする、水の流れが何となく悪いといった症状が出ることがあります。これは、詰まりの初期の症状ですが、放っておくと流し切れなかった紙類や排泄物などが排水管の内部に溜まってしまい、やがて本格的な詰まりが発生してしまいます。トイレが使えなくなってしまうと生活にも早急な対処が必要です。

しかし、トイレの詰まりを解消するにはそれなりに時間がかかりますし、最悪の場合は業者に修理を依頼する必要があります。できることならば、初めからトイレを詰まらせないことが大切です。今回はトイレの詰まりの原因と、詰まりを予防する方法について解説します。

トイレのタンクに問題がある?水圧低下で起こる詰まり

詰まりの原因と言われると、原因は固形物にあるのではと考えがちです。確かに水に溶けることのない固形物が排水管を塞いでしまって、詰まりが発生するケースもないわけではありません。固形物が排水管を完全に塞いでしまうケースは稀で、大抵の場合は固形物が流れてしまってもどこかに水が流れるだけの隙間が空いていることの方が多いのです。そのため、固形物単体で詰まりを引き起こすケースはそれほど多くありません。

実はトイレの詰まりの主な原因は、紙であることのほうが多いのです。それもティッシュペーパーや除菌シートのような初めから溶けにくい素材のものではなく、トイレで使用することを目的としたトイレットペーパーなどである場合がほとんどです。溶けやすい素材だからこそ使いすぎてしまい、結果流れなくなっていることがよくあります。

この紙による詰まりを助長させてしまう要因が、もう一つあります。それが、水圧の不足です。排泄物やトイレットペーパーなどを押し流す水の力が弱いと、排水管は詰まりやすくなります。トイレの水圧の低下には、詰まりが原因となって起こる場合と、トイレのタンクに問題がある場合の二つのパターンがあります。

トイレのタンクの中を確認したことがない、という方も少なくありません。先ほど述べた通り、トイレのタンク内に問題があると排水管の詰まりを誘発する危険性があります。そのため、トイレのタンクのトラブルは早めに対処する必要があるのです。

トイレのタンクをチェックしましょう

タンクの蓋を開け、水量が適切かどうかを確認してください。タンクの中にはオーバーフロー管と呼ばれる、水が溢れるのを防ぐ排水管が設置されています。このオーバーフロー管より2~3cm下まで水が溜まっていれば、適切な水量です。

もしも水量がタンクの容量より極端に少ない場合、水が不足してしまい、トイレットペーパーなどを流せずに詰まってしまいます。そのような場合は、部品の不具合が疑われます。ここではタンクに起きやすい不具合と、解決の方法を説明します。

・止水栓を確認しましょう
まず、止水栓に問題がないか確認をしてください。止水栓が閉まったままになっているとタンクに給水がされません。掃除などで止水栓を閉めたままになっていることもありますので、きちんと開いているかを確かめます。

・フロートバルブの破損の可能性
タンク内にはフロートバルブと呼ばれる栓があります。このフロートバルブは洗浄レバーと連動しており、使用後に適切な量の水を便器内に流す役目をしているのです。この洗浄レバーとの連結部分の鎖が切れてしまい、絡まっている場合、うまく水が流れなくなってしまいます。

フロートバルブが破損していた場合は、交換が必要です。交換作業自体は難しいことはありません。タンクの型番によって使用するフロートバルブが違いますので、ご自身で交換を行う場合は指定された品番の製品を取り付けてください。

・浮き玉の破損の可能性
タンクの上部にはボールタップという給水弁がついています。このボールタップと呼ばれる部品の先端には浮き玉が付いており、水量によって浮き沈みすることによって給水管に蓋をする仕組みになっています。この浮き玉がタンク内に引っ掛かるなどして沈まない場合、吸水がうまくされません。反対に、浮き玉に破損があった場合は水が止まらなくなる事態も引き起こします。どちらにしてもトイレが正常に動作しなくなりますので、浮き玉に不具合がある場合は交換が必要です。

・タンク内に異物を入れている場合
節水対策のためにトイレのタンク内に水を溜めたペットボトルを入れておくと良いという情報が流れたことがあります。確かに、ペットボトルを入れることによって使用する水の量を抑えられます。ですが、トイレはもともと詰まらないように排泄物を流し切れる量の水が流れるように設計されているため、水の量を意図的に減らしてしまうと詰まりを引き起こしかねません。

また、タンク内に本来必要のない物を入れてしまうと、浮き玉やフロートバルブの鎖が絡まる原因になります。ペットボトルで節水対策を行っている方は、故障を引き起こす可能性もありますのでおすすめしません。

トイレの詰まりは専門業者へご相談ください

トイレの詰まりを解消できない、タンクの交換作業を自分で行うのは何となく不安という場合は、ぜひ水のサポート香川へご連絡ください。水のサポート香川は、トイレ、キッチン、お風呂場など、水回りのトラブルを解決する水道局指定業者です。高松市、丸亀市、三豊市、綾歌郡宇多津町、仲多度郡まんのう町など、香川県の各エリアに駆け付け、迅速に対応いたします。

水のサポート香川 0120-670-076

水のサポート香川 0120-670-076