水のコラム

便器内にチョロチョロ流れる水漏れはトイレタンクが原因かも?今すぐできる原因特定方法

2021年08月08日  トイレの水漏れ

便器内に水がチョロチョロ流れ出る、水が止まりそうでなかなか止まらないなどの症状があるときは、タンクから水漏れしているサインです。
少量だからといって油断は禁物なので、今すぐできる原因特定の方法を紹介します。

便器内にチョロチョロ水漏れする時はまず止水栓を閉めて状況確認を

便器内に細く水が出ていて、止まりそうで止まらない場合は、まず止水栓を止めて状況を把握しましょう。
トイレタンクの脇に付いている止水栓には、大きく分けて次の3種類があります。

・ドライバー式
・内ねじ式
・ハンドル式

いずれの場合も閉めるときは時計回りに閉めます。
ドライバー式はマイナスドライバーや10円玉などの硬貨を、内ねじ式は付属品の開閉工具を使用して閉めます。ハンドル式はハンドルを手で回せば閉められます。

・止水栓を閉めた直後に水漏れが止まったなら、ボールタップかオーバーフロー管に原因がある
止水栓を閉めたあと、水漏れはどうなったでしょうか。

閉めた直後に水漏れが止まった場合は、タンク内のボールタップまたはオーバーフロー管に老朽化や故障が起きていると判断できます。
この場合は部品の交換が主な修理方法となります。

・止水栓を閉めても漏れが続くなら、ゴムフロートに原因がある
止水栓を閉めても漏れが続くときはゴムフロートに原因があると判断できます。
この場合も部品の交換が主な修理方法となります。

修理は部品交換が基本なので、ホームセンターで合う部品が見つかれば自力での修理が可能
タンク内の部品は一式もしくは部分的にホームセンターで購入することができます。

ホームセンターの品ぞろえによっては、タンクに合う種類のものを置いていないこともありますが、型番やサイズが合うものが見つかったなら自力で交換して修理することができます。

トイレの床に水漏れが及んでいるときはタンクの外側をチェック

タンクが原因である水漏れには、タンクの外側に付いている部品が関係していることがあります。
主にトイレのタンク側の床に水が溜まっている場合に、チェックすべき箇所を見ていきます。

・給水管とタンクの接続部分
給水管とタンクはナットを使って接続しているものが一般的です。
この部分から水漏れが発生すると、床にポタポタと滴るように水漏れし始めます。

原因としては、給水管のつなぎ目の中にあるパッキンが老朽化していることか、ナットが緩んでいることが考えられるので、まずナットを閉め、それでも水が漏れるときはパッキンを交換しましょう。

・排水レバーのハンドル部分
タンクの排水レバー付近から水漏れしている場合は、レバーハンドルの内側にあるパッキンの老朽化が考えられます。

トイレタンク内のオーバーフロー管が破損している場合にも、同じ症状が出ることがあるので、レバーハンドルのパッキンを交換しても水が漏れるのであれば、トイレタンク内をチェックすると良いでしょう。

・タンクの底面
タンクの底面には、トイレ本体とつながるための接続穴があります。
接続穴にはゴムパッキンが使われていて、これが老朽化してきた場合に水が漏れてくることがあります。

トイレを長期間使用している場合、例えば10年くらい使っている場合は、ゴムパッキンの劣化が水漏れの原因である可能性が高いでしょう。

こちらもパッキンの交換によって修理できますが、交換の経験がない方は修理業者に依頼する方が安心です。

水道修理業者に修理をお願いした場合の費用はどれくらい?

タンクからの水漏れはDIYでも修理することができますが、修理に自信がなくて業者に頼むとしたら、いくらかかるのでしょうか。

・相場は地域や業者により異なる
水漏れしている場所や原因、交換部品によって、はっきりといくらとは言いきれないのが水道修理費用です。
地域や業者によっても料金が異なるため、相場を知りたいときは事前に調べることが必要です。
いくつかの業者をピックアップして相見積もりを出してもらうと良いでしょう。

・業者を選ぶ際に抑えたいポイント
いざ水道修理業者に来て欲しいというときには、どのような業者を選べば良いでしょうか。
見積もりで費用が最も安い業者=優良業者とは限らないので、安さだけで決めるのは危険な行為です。できれば次の3つをチェックしてから業者を選んでみてください。

・迅速な対応をするかどうか
・地域密着型であるかどうか
・修理前後の対応について十分に教育されているかどうか

水道修理業者にはすぐに来て水回りのトラブルを解消してくれることが重要です。
電話1本で現場に駆け付けてくれるような、そんな業者が第一候補といえます。

対応地域がお住まいのエリアになっていて、地域のことを熟知しているようなスタッフのいる業者なら、より一層安心できますね。

近辺の水道管の状況や気候・風土による劣化の有無なども熟知しているようなら、安心して任せられます。

修理前には礼儀正しさや身だしなみ良さが、修理後には現場の管理や後片付けなどが、さらに社会人としての常識を持ち合わせていることもチェックしたいポイントです。

修理に自信がない方は、無理せずに修理専門業者へ相談しよう

「水のサポート香川」は観音寺市や三豊市、高松市、丸亀市、坂出市、多度津町、宇多津町を含む香川県のすべてのエリアを対象に、水のトラブルの修理を行うプロ集団です。

トイレや台所など使用頻度の高い水回りのトラブルにスピード対応し、現場にすぐ駆け付けて原因に合わせた適切な修理を行います。

水のサポート香川 0120-670-076

水のサポート香川 0120-670-076