水のコラム

台所(キッチン)トラブルの原因や対処法!濁り水や水漏れ修理

2021年08月23日  キッチンのトラブル

台所(キッチン)で水道管のトラブルがあれば、不安になるのが修理や交換が必要かどうかではないでしょうか。
実際、修理や交換しなければならないトラブルはありますが、一時的な現象のケースもあります。
台所(キッチン)の水道管のトラブルについてご紹介します。

白い水や濁り水が出たときは様子を見る

台所(キッチン)の水道管でよくあるトラブルの1つが、水の濁りです。
前日まで透明な水が出ていたのに、とつぜん白い水が出てきたら慌てるのもしかたありません。
ただ、濁りが白い水なら、水道管の修理や交換は不要なケースが多いのです。
白い水は、気泡の可能性があります。

白い水が出る現象は冬場に多く見られます。
空気は水の中に溶ける性質を持っているのですが、冬場の温度の低い環境下で急激に水が温まると、水道管の中で膨張するのです。
蛇口から出るとき、細かな気泡が発生して白い水に見えます。

白い水の場合、時間の経過によって透明に戻りますし、体調に悪影響を与えるものでもありません。
見た目の問題に過ぎないため、一時的な白い水は水道管の修理や交換は不要なのです。

連日続く場合、気泡以外の可能性もあります。
水道管や給湯管が古くなった場合、劣化の影響で亜鉛や鉄分が溶け出しても、白い水になるのです。
珍しい現象ですが、水道管の劣化が原因ですからメンテナンス不足と考えられます。
亜鉛や鉄分が少々混じっていても、大量でなければ体調不良につながるケースは少ないです。
不安なら水道業者にメンテナンスの相談をおすすめします。

濁り水でも赤茶色になると鉄さびの可能性がある

台所(キッチン)では白い水は重度のトラブルの可能性は低いですが、赤茶色になると注意が必要です。
赤茶色の水は、鉄さびの可能性があります。
発生しやすいのは水道工事後です。
水道管の水量が増加する、流れが速くなると水道管内部に付着していた鉄さびもが剥がれて流れ出ます。

断水直後に赤茶色の水が出ても、一時的なら大きな問題でもありません。
蛇口を開けて水を流せば透明に戻ります。
透明に戻らなければ、水道管内で問題が起きている可能性があるため、水道局や水道業者に相談して交換や修理が必要です。

戸建てではなくマンション全体で赤茶色の濁り水が出たら、貯水タンクで問題が発生している可能性があります。
サビや汚れが溶け出せば、各家庭の水道水は赤茶色に濁るのも当然です。
マンション全体で赤茶色の水が出たら、管理人に相談してタンク内の清掃を含めて対応を求めましょう。

黒い濁り水が出る場合もあります。
水道水は塩素で消毒をしていますが、水に影響して酸化すると黒い二酸化マンガンが発生するのです。
水道工事の際に水の流れの変化で剥がれて蛇口から出る場合もありますが、時間の経過で透明に戻ります。
戻らなければ配水管の問題も考えられるので、水道業者や水道局に相談したほうがいいでしょう。

台所(キッチン)のレバー式水栓やハンドル式水栓の水漏れ対処

台所(キッチン)の蛇口のトラブルでは、濁り水以外に水漏れがあります。
蛇口は主に、レバー式水栓とハンドル式水栓の2種類です。
レバー式水栓はレバーを上下左右に動かして水量や温度調節をコントロールできます。
近年、新しい建物に付いている蛇口のほとんどはレバー式水栓です。

レバー式水栓の水漏れでは、レバーの下部から水が垂れるケースでしょう。
蛇口から水が出るのと同時に、下部から漏れている状態です。
レバー式水栓は上下左右と自由に動かせるメリットはありますが、レバーの下部に遊びを設けているために水漏れが出やすいのです。

レバー式水栓で下部から水漏れが起きているなら、原因は水量や温度を調節するバブルカードリッジの劣化が考えられます。
10年以上経過すると、バブルカードリッジの劣化も激しいために水漏れが出ても不思議ではありません。

バブルカードリッジの交換は専門知識がなくてもできますし、ホームセンターやインターネットでも購入できます。
ただし、メーカーも異なりますし、型番を合わせなければならないのでその点は確認が必要です。
蛇口に型番などが記載されていることも多いため、撮影して店員に聞けば、購入ミスのリスクを減らせます。

ハンドル式水栓の水漏れはシンプルな構造で直しやすい

台所(キッチン)の2種類のうち、もう一方がハンドル式水栓です。
ハンドル式水栓は築年数の古い家でよく見られます。
メリットはレバー水栓より構造がシンプルな分、寿命が長く修理やメンテナンスがしやすい点です。

ハンドル式水栓の水漏れではハンドルの下部から起きます。
ハンドルを固定しているのは、三角パッキンやコマパッキン、スピンドルやナットです。
パッキン系は消耗品のため、ハンドルを回せば劣化します。
摩耗で隙間が生まれて水漏れにつながるのです。

ハンドル式水栓の水漏れは、パッキンの交換で解消するケースもあります。
他の可能性としてナットの緩みによる水漏れですから締めてみてください。

水のサポート香川は高松市や丸亀市の水周りトラブルに対応

高松市、丸亀市、坂出市、東かがわ市、木田郡で台所(キッチン)の蛇口のトラブルで困ったら、水のサポート香川にご相談ください。

濁り水ばかり出る、水漏れがひどいケースでは、自力では直らないケースもあります。
自力ではむずかしいと感じたら、水まわりのプロ、水のサポート香川がスムーズに解決します。

水のサポート香川 0120-670-076

水のサポート香川 0120-670-076