水のコラム

給湯器のトラブルは早めに対処!問題を放置せず原因を知れば修理で終わる

2021年08月23日  給湯器のトラブル

給湯器のトラブルは自分に限らず、近所の人の迷惑をかける危険性があります。
給湯器のトラブルを放置すると、故障で終わらず火災や一酸化炭素の発生につながるからです。
給湯器のトラブルは早めに気づけば、交換ではなく修理で終わり、料金も安く抑えられます。

給湯器のトラブルは老朽化や凍結で起きる事例が多い

給湯器は修理や交換まで必要となるトラブルには、複数の原因が考えられます。
一番は老朽化で一般的な寿命は約8年~10年です。毎日使うもので、8年~10年経過すれば修理や交換の検討をおすすめします。
10年以上経過したものは、一旦修理をしても、トラブルが再発する可能性が高いです。

寒冷地では、凍結に注意しなければなりません。
気温の低下で配管内の水が凍結します。
膨張すると配管が破裂するのです。
破裂しなければ、時間の経過で溶けますが、破裂したら配管を交換しなければなりません。

天候に関しては大雨の影響で故障するケースもあります。雨が給湯器に入れば点火しづらくなり、ゴミやホコリの湿気もトラブルの引き金になるのです。

給湯器に大きな負担をかけ続けるのも、故障につながります。
家庭用の給湯器を業務用として使えば想定していない負担がかかり、寿命を縮めるだけです。
給湯器は半永久的に使用できるものではありません。
毎日使うもので、温度や天候の影響で寿命が縮む機器です。

給湯器で水漏れが起きる原因とは?止水栓を止めて問題箇所を確認

給湯器が老朽化すると、水漏れが発生しやすいです。
給湯器は水を温める役割で、給水管やホースが機器につながっています。
水は温かくなると膨張するため、給湯器は排水のための安全弁や減圧弁を備えているのです。

ただ、老朽化すると各部品も劣化し、機器の底や給水管やホースの接合部から水がポタポタ垂れるようになります。

外にある給湯器は水漏れが発生しても、頻繁に確認する場所でもないため、気づけないことも多いです。
結果、水漏れがひどくなり、屋内のリモコンにエラーコードが出たり、お湯が出ない、水道代が前月より高いなどの問題が出て、はじめて気づくケースもあります。

給湯器の水漏れに気づいたら、止水栓を閉めてみてください。
放置して再び止水栓を開いて水漏れがないなら、水量の多さが問題の可能性があります。
この場合は、修理や交換にはつながりませんが、水漏れが起きたら故障の可能性が高いです。

給湯器は安全弁や減圧弁と同じく、パッキンも劣化します。
耐用年数以上使用しており、ピー、ボコボコ、キーンやボンボンという異音や黒い煙、揺れ、お湯が出ない、エラーコードが出て消えないなら、寿命だと考えてください。

特に水漏れにより黒い煙が出たら危険度は高いです。
黒い煙は不完全燃焼の可能性が高く、一酸化中毒や火災につながります。
所有者も水道代の高騰や一酸化中毒や火災は大問題ですが、近所の人まで被害が出ないよう、早めにプロの業者を呼びましょう。

給湯器のトラブルは分譲マンションだと個人で対処

分譲マンションでは、給湯器は専用部分の付随装置とみなされます。
所有者の共有財産ではないため、各部屋の所有者が個人個人での維持管理が必要です。
修理や交換が必要なら、個人で業者を探さなければなりません。
管理会社に相談すると提携業者を紹介してくれる場合もあるため、問い合わせてみてください。

交換時は戸建てのように、すべて自由に決められるとは限りません。
分譲マンションでは、管理組合で給湯器のサイズや種類に制限がかけられているケースがあります。
壁掛けタイプや共同廊下のパイプスペースに設置するPS設置タイプに分けられており、交換も同じ物が必要です。

給湯器のカラーリングも、景観を乱すものだと認めれず、外壁と同じ色と指定されているケースもあります。
マンションに住んでいる方で、給湯器の交換を検討しているなら、制限があるか、規約蚊管理組合へ確認しておきましょう。

また、賃貸マンションは、給湯器を自由に選べません。
故障すると管理会社が交換し、費用はかからないのです。

給湯器を交換する時の料金相場は?安く購入するためのポイント

給湯器の交換は一定の費用がかかります。
一般的な料金相場は、給湯器本体、リモコン本体で約15万円、風呂給湯器だと32万円はかかると考えたほうがいいでしょう。

ただし、メーカー希望小売価格より30~60%の割引をしてくれるところが多いです。
エコジョーズや、追い焚き機能、暖房機能が付いていると料金は高額になります。

業者間で、取り扱う給湯器により割引率が増減するのもポイントです。
あるメーカーの仕入れ価格は他社より安いが、他のメーカーは高いなど、得意としている給湯器で料金は変動します。
給湯器の交換を依頼する業者を探すなら、目星をつけているメーカーを得意としているところに依頼すれば、お得に購入できるのです。

給湯器の料金が高いですが、新しいものに交換するメリットもあります。
エネルギー効率は古いタイプのものより良くなり、ガス代が安くなるでしょう。
長い目で見たとき、交換の検討もおすすめします。

高松市や丸亀市や観音寺市などの給湯器トラブルは水のサポート香川

高松市、丸亀市、観音寺市、三豊市、坂出市、東かがわ市で、給湯器からポタポタ水漏れがあった、故障だと感じたら、水のサポート香川へ早めにご相談ください。

給湯器のトラブルは火災や、一酸化中毒の危険性もあります。
被害が大きくなる前に早めにお問い合わせください。

水のサポート香川 0120-670-076

水のサポート香川 0120-670-076