水のコラム

注意するべき台所の水漏れ箇所

2021年09月10日  キッチンの水漏れ

蛇口からの水漏れは、目につきやすく対処も早めに行えるでしょう。
しかし、水漏れは目につきやすい場所のみで起こるわけではありません。
洗い物をしていて気づいたら足元が水浸し……、なんていうトラブルもあり得るでしょう。
重大なトラブルに発展する前に、予防方法と対処方法を確認しておくと安心です。

蛇口からの水漏れ

水漏れは突然発生することが大半で、時間のない朝に発生してしまうと、その日1日気が気ではないでしょう。
もし急いでいるときに水漏れを確認した際は、止水栓を閉めておくと、被害が広がらないでしょう。
時間があれば、止水栓を閉める前に、水を流してどこから水漏れが発生しているか特定してから、止水栓を閉めてください。

蛇口からの水漏れといっても、水漏れしている箇所によって、パーツや対応は変わります。
また蛇口の種類によっても変わるので注意しましょう。
もし台所の蛇口が、レバーがひとつだけあるシングルレバー混合水栓だった場合、バルブカートリッジの異常が原因で水漏れしている可能性があります。
バルブカートリッジとは、蛇口本体内部にあるパーツで、水量や水の温度を調節する役目を担っています。

ハンドルが水とお湯で分かれている、ハンドル水栓は日々使用するには温度の調節が難しいですが、故障しにくく、修理も比較的簡単です。
シングルレバー混合水栓と違い、内部構造もシンプルで、水漏れの主な原因はゴムパッキンの劣化でしょう。

止水栓を閉め、ハンドルを取り外し、ゴムパッキンを交換すれば修理は完了します。
構造を理解していれば、修理は難しいものではありませんが、完璧に理解するには時間を要するでしょう。
もし自力での修理が不安な場合は、すぐに水道業者に依頼をしてください。

蛇口と給水管のつなぎ目からの水漏れ

つなぎ目からの水漏れは、まずナットが緩んでいないか確認しましょう。
ナットが原因でない場合は、パッキンが劣化し破損しています。
すぐに新しいものに変えてください。

水漏れがシンク周りではない場合

蛇口のゴムパッキンやバルブカートリッジの異常で起こった水漏れは、目で見てわかりやすく、対応もしやすいです。
しかし、シンク下での水漏れは気付きにくい上に、対応が遅れると、蛇口に比べ重大なトラブルになってしまいます。

またシンク下の管は排水管のため、流れている水はきれいではないでしょう。
修理や交換、水漏れ箇所を特定するときはゴム手袋の着用をおすすめします。

排水トラップとシンクのつなぎ目からの水漏れ

排水トラップは、下水からの悪臭や虫の侵入を防ぐために、常に水を溜めておく箇所で、この排水トラップとシンクの間から水が漏れていた場合、原因はゴムパッキンの劣化かナットの緩みと考えられます。

ナットが緩んでいた場合は、工具を使用して締め直せば水漏れは解消できるでしょう。
ゴムパッキンの劣化による破損が原因の場合は、排水トラップを取り外す必要があります。
排水トラップを外す際に、トラップ内の水を撒かないためにバケツを用意しましょう。
水が溢れても大丈夫なように、雑巾を用意しておくと、なお良いです。

水トラップ下のナットを緩めると、排水トラップを取り外すことができます。
ゴムパッキンの交換ができたら、取り外したときとは逆の手順で、排水トラップを取り付けましょう。
ナットをきちんと締め直し、水を流してみて漏水していないか確認してください。

排水トラップと排水ホースのつなぎ目からの水漏れ

排水トラップと排水ホースのつなぎ目にも、シンクのつなぎ目と同様にゴムパッキンが使用されています。
水漏れ箇所が排水トラップと排水ホースのつなぎ目だった場合は、ゴムパッキンの交換をしましょう。

排水ホースは塩化ビニール製のものが多く、頑丈にできていますが、耐久年数を超えていれば、破損しやすくなっています。
シンク下の収納に、皿や鍋、包丁などをしまっている方が多いのではないでしょうか。

さまざまな食器やグッズなどは、排水ホースを傷つけてしまう恐れがあるため、あまり荷物を詰めないほうがよいです。
もし破けてしまった場合は、排水が直接漏れてしまうため、すぐに交換しましょう。

シンクを破損してしまったときは

包丁を洗っていて、手を滑らせてしまったとき、運が悪ければシンクに穴があいてしまうでしょう。
包丁がシンクに刺さることは、あまりありませんが、可能性はゼロとは言えません。

十分に気をつけることが、シンクに穴をあけない予防方法ですが、もし穴をあけてしまった場合は、シンクを丸ごと交換しなくてはならないことがあります。
シンクの穴が小さいものであれば、水回り用のパテを使用して穴を塞ぐことで、応急処置ができます。

しかし、大きなものになるとシンクの交換が必要です。
シンクや天板のみを交換できない場合は、台所ごと交換しなくてはいけません。
大掛かりなリフォームになってしまうため、穴をあけないよう気をつけましょう。

シンクのトラブルは水のサポート香川へ

水のサポート香川では、高松市の他、丸亀市、三豊市、観音寺市、宇多津町、まんのう町、琴平町など香川県全域でキッチンをはじめとした水回りのトラブルの解消に尽力しています。

お客さまからお電話一本でスタッフが現場に駆け付け、原因に応じて適切に対応いたします。
水漏れやつまりなどでお困りであれば、ぜひ当社にご連絡ください。

水のサポート香川 0120-670-076

水のサポート香川 0120-670-076