水のコラム

シャワーヘッド以外から水がでてきてしまうときの対処法とは

2021年09月12日  お風呂のトラブル

朝、目覚まし代わりにシャワーを浴びるときや、夜一日の疲れをとりたいとき、シャワーヘッド以外から冷たい水しか出なくなってしまったら驚いてしまいます。
疲れをとるための風呂場で、疲れてしまわないように、水漏れが発生した際の対処法を覚えておきましょう。

シャワーのカランから水漏れ

カランとはいわゆる蛇口の総称で、ハンドルやレバーの部分を指します。
カランからの水漏れは、パッキンの劣化や、切り替え弁の不調によって発生します。
特に、シャワーと蛇口の切り替えで、カランはよく使用されるため、他の箇所よりもトラブルが発生しやすいでしょう。

もしカランからじわりじわりと水漏れしている場合は、パッキンの劣化による破損が原因です。
大きさや型番を確認して、すぐに交換してしまいましょう。

十分な水量が出ないときや、シャワーから蛇口に切り替えても、どちらからとも水が出てきてしまうときは、切り替え弁の不具合が発生しています。
放置して悪化してしまうと、水が出てこなくなる可能性があるため、放置はしないようにしましょう。
パッキンも切り替え弁も、ホームセンターで気軽に購入できますが、交換方法が不明な場合は水道業者に交換の依頼をしましょう。

シャワーエルボから水漏れ

エルボとは、シャワーホースの根元にある金属製のパーツです。
本体と、シャワーホースをつなぎ合わせているパーツで、ここが水漏れしていたら、すぐに交換しないと、無駄に水道代がかかってしまうでしょう。

注意したいのが、このエルボというパーツは、カギ爪式とねじ込み式の2つあるところです。
うっかりパーツを間違って購入してしまう可能性が高いでしょう。
きちんとエルボがどちらのタイプなのか確認してから購入してください。

交換するとき、最初は工具を用いてでないとエルボを回すことができませんが、一度回ってしまえば、あとは手でも取り外すことができます。
シャワーの水量が少ないときは、エルボを交換してみてください。

シャワーヘッドから水漏れ

シャワーヘッドの水漏れの多くは、経年劣化が原因です。
また、手を滑らせて落としてしまう確率が高いため、他に比べると比較的に故障しやすいといえるでしょう。
水を止めてもポタポタと、シャワーヘッドから漏れてきてしまうのは構造上仕方ありません。

しかし、いつまでもポタポタと止まらないときは、内部のパーツが破損しています。
もしシャワーヘッドのみが外せない場合は、ホースとシャワーヘッドが一緒になっているものを購入して、新しくしてしまいましょう。

シャワーホースから水漏れ

シャワーホースは破れにくいものではありますが、やはり経年劣化で稀に破けてしまうことがあります。
交換は簡単なので、型番などに注意して購入しましょう。

修理、交換する前に、シャワーを浴びたいなどの理由で応急処置をする場合は、防水テープで穴を塞いでください。

シャワー本体から水漏れ

シャワー本体からも水漏れは発生しがちです。
ハンドルの近くで水漏れしているときは、パッキンの劣化が原因でしょう。
切り替えハンドル付近であれば、内部の切り替え弁が劣化しています。
水を流して、水漏れ箇所の特定を急ぎましょう。

応急処置方法

水漏れは多くの場合、ナットを締め直し、パッキンを交換すれば解決します。
しかし、賃貸の場合、DIYは避けたほうが無難です。
無理に修理をしようとし、本体を傷つけてしまうと、最悪の場合、丸ごと交換しなくてはならなくなります。

本体の料金は約1万円〜3万円で、プラスして水道業者への依頼費用がかかってしまいます。
無駄な出費をしないよう、難しいと感じたら、水道業者に連絡してしまいましょう。

重いものを落としてしまったとき

風呂場では石鹸を使用するため、手や足が滑りやすくなっています。
もし重いものを落としてしまい、床にヒビが入ってしまったら、すぐに流水を止めましょう。
ヒビに水が入り込み、床下に水が染み込んでしまいます。
床材の下に防水シートがあるとはいえ、床材腐敗の要因になるため、放置はしないでください。

また集合住宅の場合、下の階に雨漏りしてしまうため、すぐに対応したほうがよいでしょう。
住民トラブルになるだけでなく、ヒビから水が染み渡ると、黒カビやシロアリなどの被害もでる可能性があります。

水漏れだけではないトラブル

お風呂場はよく水が使用される場所です。
そのため、湿気が溜まりやすく、カビなどで汚れていってしまいます。
定期的に、洗剤とスポンジでこすり洗いをしましょう。

また時間があるときには、漂白剤を吹きつけ、カビを洗い流してください。
漂白剤を使用すれば、手を汚さずに掃除を完了ができるため便利です。
カビの予防は、十分な換気が一番大事です。

お風呂に入り終わったあと、壁や床に冷たい水をかけ、風呂場の温度を下げてみてください。
カビは暖かい場所を好むため、ひと手間加えることで発生速度を抑えることができます。

シャワーに不具合が起きたら水のサポート香川へ

水のサポート香川では、高松市の他、丸亀市、三豊市、観音寺市、木田郡、綾川町、多度津町など香川県全域でキッチンをはじめとした水回りのトラブルの解消に尽力しています。

お客さまからお電話一本でスタッフが現場に駆け付け、原因に応じて適切に対応いたします。
水漏れやつまりなどでお困りであれば、ぜひ当社にご連絡ください。

水のサポート香川 0120-670-076

水のサポート香川 0120-670-076