水のコラム

トイレ排水管からの水漏れの原因と対処法とは

2021年09月12日  トイレの水漏れ

知らない間にトイレの床が水浸しになっていたり、2階のトイレから階下へ水漏れしていたりする場合、トイレの排水管が水漏れを起こしているかもしれません。
溢れた水に臭いがある場合は、便器から流した水が漏れているため早急な対応が必要です。

そこで今回は、一刻でも早く直したいトイレの排水管からの水漏れについて、詳しく見てみましょう。

トイレの排水管が水漏れを起こすケース

前触れもなく起こるトイレの排水管からの水漏れですが、日常のトイレ使用のなかにその原因があることがほとんどです。
トラブル解決のためにも、まずは何が原因かを見極めてみましょう。

・異物が詰まった
異物を流し詰まってしまったために、トイレの便器から水が溢れてきた経験がある方も多いかもしれません。
実は、こうした異物詰まりは、便器からの逆流以外にも排水管からの水漏れを引き起こすこともあります。

便器に、オムツや生理用品、小さな鍵やペットボトルのキャップ、ハンカチなどを落としてしまうことは珍しくありません。
しかし、こうした異物をすぐに拾わずに水で流そうとすると、便器の奥の排水管に詰まって水漏れの原因となってしまうのです。
 
 
・汚れが蓄積して詰まった
長年使い続けたトイレの排水管には、どうしれも汚れが蓄積してしまいます。
目に見える便器の汚れをこまめに掃除する方は多いですが、その奥の排水管にこびり付いた汚れを定期的に掃除する方は少ないでしょう。
こうした、排泄物などの汚れは排水管に溜まり続けると水の通り道をせばめてしまい、水を流すごとに排水管に負担をかけてしまうことになります。
 
 
・排水管や便器が劣化している
長く使ったトイレの排水管は、劣化してサビが発生したり、継ぎ目や部品が緩んだり、ひび割れなどの破損を起こしていたりするケースがあります。
日頃トイレを使う際に、水が流れにくいと感じる場合や、水を流す際に異音がする場合には、排水管が劣化しているサインかもしれません。

また、陶器製の便器も、使い続けると劣化しひび割れなどの破損を起こしやすい場所です。
掃除用具やスマートフォンなどの硬い物を落として割れるケースも多く見られます。

ケースごとの対処法は

・異物詰まりを取り除く
便器のなかに異物を落としてしまった場合、水を流す前に取り除けば汚水の逆流や排水管の破損といったトラブルに発展することはありません。
しかし、「小さいものならば流れるだろう」と誤った判断で水を流すと、思わぬトラブルとなります。
異物が流れず詰まった場合、まずはゴム手袋をはめて、便器の奥の異物を引き出しましょう。

手の届かない場所にある場合は、柔らかさと長さのある針金ハンガーなどで掻き出してください。
詰まったものが水に溶ける大量のトイレットペーパーやペットのトイレ砂の場合は、ラバーカップ(スッポン)で水圧をかけて押し流す方法も有効です。
詰まっているにもかかわらず水を何度も流すと、汚物が水と一緒に溢れ出るため注意してください。
 
 
・溜まった汚れを掃除する
日頃、便器の掃除には、便器の黒ずみを落とすトイレ用洗剤や、消臭・芳香効果のあるスプレーを使用している方も多いことでしょう。
実は、トイレ用洗剤にはいくつかのタイプがあり、それぞれに得意とする汚れがあります。

塩素系のトイレ用洗剤は、便器の黒ずみをきれいに落とすと同時の除菌もしてくれますが、排水管に溜まった尿石などのアルカリ性の汚れには、酸性のトイレ用洗剤がおすすめです。

ただし、塩素系の洗剤と酸性の洗剤を混ぜて使用すると人体に有害なガスが発生してしまうため、商品の注意書きをよく読み正しく使用してください。
 
 
・排水管や便器の修理
排水管が経年劣化により破損している場合や、便器が割れてしまった場合には、修理や交換がおすすめです。
便器が割れた場合、市販の防水パテでひび割れを埋めれば、応急処置として一時的に水漏れを抑えられます。

排水管の破損の場合には、床下の配管を見る必要があり自力での修理や交換は困難です。
水漏れを起こす前に異変を感じたら早めに修理業者へ相談し、水漏れが起きたら早急に対応を依頼すると良いでしょう。

水漏れを防ぐためのトイレの使い方は

・大量のトイレットペーパーを流さない
普通にトイレを使っていても、トイレットペーパーを流しただけでトイレが詰まるケースがあります。
これは、ほとんどのケースで大量のトイレットペーパーを一度に流そうとしたことに起因するものです。

たくさんのトイレットペーパーを使う場合には、少しずつ何回かに分けるようにしましょう。
また、トイレに流せる厚手のお掃除シートも詰まる原因となるので、少しずつ流すか燃えるごみとして処理するのがおすすめです。
 
 
・ペットのトイレ砂を流さない
トイレに流せると書かれた商品でも、トイレに流すと詰まるケースがあります。
ペットのトイレ砂もその代表的な詰まりの原因で、特にペットの毛が含まれる塊が詰まるケースが多発しています。
トイレに流せる商品であっても、燃えるゴミなど自治体のルールに従って処理することがおすすめです。
 
 
・落とし物に注意する
狭いトイレでは、手に持った携帯電話や子どものおもちゃ、オムツや生理用品などが便器に落ちやすいものです。
落とさないように置き場所に注意し、もし落としてしまっても水を流す前に拾い上げるようにしてください。

自分では取り出せない便器の奥や排水管に入り込んでしまった場合には、無理をせず専門の修理業者へ相談しましょう。

すぐに直したいトイレトラブルは水のサポート香川へ

水のサポート香川は、安心安全なサービスをお届けする、水道修理のプロ集団です。
高松市・丸亀市・さぬき市・坂出市など、香川県を広くサポートしています。

トイレの水漏れや詰まりはもちろん、台所やお風呂、洗面所などのあらゆる水回りのトラブルは、水のサポート香川へおまかせください。
豊富な知識と経験を持ったスタッフが、24時間年中無休でスピーディーに対応いたします。

水のサポート香川 0120-670-076

水のサポート香川 0120-670-076