水のコラム

トイレの修理や交換の前に!手洗い管から水が出ないときの対処法

2021年09月17日  トイレのトラブル

トイレのタンク上部にある手洗い管から、水が出なくなるトラブルがあります。用を足したあと、手を洗えないのは大問題です。ただ原因によっては、手洗い管から水が出なくなるトラブルの修理や交換を自分ですることができます。トイレの手洗い管から水が出ないときの対処法をご紹介します。

止水栓やボールタップをチェック

トイレの手洗い管から水が出ないなら、最初に原因を特定しましょう。よくあるのは、止水栓が閉まっている、ボールタップや浮き球やダイヤフラムの不具合です。

止水栓が閉まっているだけなら、それを開くことで簡単に解決できます。水回りのトラブルに対しては、止水栓を閉めて作業することが必須です。閉めていないと、作業中に水が吹き出して水浸しになりかねません。ですから、手洗い管から水が出ないのは、家族の誰かが水回りを修理し、その作業後に止水栓を開くのを忘れている可能性があるのです。

また、止水栓の開閉をチェックするときは、給水管とのつなぎ目を見て、ナットが緩んでいないかも確認します。止水栓と給水管のつなぎ目にあるナットの緩みから、水漏れが起きるからです。もし緩んでいたらレンチを使って締め直しましょう。

ボールタップが故障しても、手洗い管から水は出ません。ボールタップは水が入っているタンクの中にある部品です。ボールタップはタンク内にあるため、そのチェックのためにはタンクのフタを外さなければなりません。タンクのフタを外し、ボールタップにつながるじゃばらホースを外してみてください。じゃばらホースを外した状態で浮き玉が下がっているのに水が出ないし、給水もしないなら、ボールタップに不具合が生じている可能性があります。

浮き球やダイヤフラムをチェック

タンク内の浮き球やダイヤフラムに問題があると、手洗い管から水が出ません。浮き玉は上下することで、ボールタップの給水弁の開閉をコントロールする部品です。浮き球に問題があると、給水弁の開閉ができなくなりますから手洗い管から水が出なくなります。

浮き球自体に問題が発生しているケースと、浮き球とつながっているアームに問題が発生しているケースがあるため、両方のチェックが必要です。浮き球を下げても水が出ないなら、ボールタップに問題がある可能性があります。

ボールタップには、ダイヤフラムという圧力の調整を行う部品が付いているタイプがあります。ダイヤフラムは浮き球と連動しており、水位が下がると持ち上がり、水位が上がると下がって給水が止まる仕組みです。ダイヤフラムは半永久的に使えるものではなく、劣化するため、数年経っているのに一度も交換していないなら改めて性能をチェックしてください。

ボールタップフィルターの目詰まりやジャバラホースをチェック

手洗い管にはボールタップにフィルターが付いているタイプがあります。フィルターが目詰まりを起こすと、水が溜まらず、手洗い管から水が出なくなるため、フィルターをチェックしてみてください。フィルターには水道水に含まれた細かな砂やサビといったゴミを、タンク内に入れないという役割があります。

ですから、当然フィルターにゴミが溜まるので、それを取り除かないと汚れが溜まるだけになって水の流れが悪化するのです。その状態が一層悪くなれば、タンクの水の溜まりが遅くなり、手洗い管から水が出なくなります。フィルターを外す時は、止水栓を閉めてから行ってください。フィルターロックが付いており、キャップタイプなら反時計回りに回すと外れます。

フィルターは網目状になっており、水洗いや古い歯ブラシでこすることでゴミを取り除いてください。ボールタップにフィルターがないようなら止水栓を確認します。給水管の中にはソケットで止水栓にフィルターを取り付けているタイプもあるからです。ソケットを外してフィルターがあれば、それも外して掃除をしましょう。

また、じゃばらホースが破損していることも水漏れにつながる原因です。タンク内に水は溜まっているのに給水されず、床が水浸しになっているなら、じゃばらホースの問題の可能性が高いです。じゃばらホースが割れていたり裂けていたり穴が空いていたりするなら、防水テープで応急処置ができます。ただ、これは根本的な解決ではないため、新品への交換がおすすめです。

ボールタップと浮き球は専門知識がなくても交換できる作業レベル

ボールタップと浮き球は、専門知識がなくても交換できます。ボールタップの交換は、まず止水栓を閉め、タンクのフタとカバーを外してください。上に持ち上げると外れるタイプと、手洗い部分の金具とじゃばらホースが接合されているタイプがあるため注意が必要です。無理やり引っ張ってフタやカバーを割らないように気を付けましょう。

金具とジャバラホースがナットで接合されているなら、レンチで外してください。ボールタップを外す場合、タンクの外の給水管に付いている大小2つのナットをレンチで外します。つば付きナットを外し、ボールタップを引き抜いて取り外してください。

次に新しいボールタップを、逆の手順を踏んで設置します。完了したら止水栓を開いてオーバーフロー管の2~3センチ下辺りでストップするかどうかチェックしてください。その水位より極端に上下しているようなら、浮き球を回して水位を調整することが必要です。

ダイヤフラムもフタとカバーを取り外すまでの手順は、ボールタップと変わりません。部品を取り外す前にレバーを下げ、タンク内の水を抜いてください。タンク内を空にしたら、最初に浮き球を外して、次にボールタップを手で押さえ、レンチを使ってナットを緩ませれば外せます。新しいダイヤフラムを逆の手順で設置し、最後に水が出るかどうかを確認してください。

水のサポート香川は観音寺市、三豊市、高松市で手洗い管トラブルを解決

水のサポート香川なら、観音寺市、三豊市、高松市、さぬき市、善通寺市、東かがわ市で手洗い管から水が出なくなるトラブルなどを解決できます。浮き玉やポールタップやダイヤフラムの交換に、専門知識は必須ではないですが、トイレに合う合わないがあるのは無視できません。確実な修理や交換をしたいなら水回りトラブル対応のプロ、水のサポート香川にお任せください。

水のサポート香川 0120-670-076

水のサポート香川 0120-670-076