水のコラム

トイレの水漏れによって修理や交換を検討する前に、便器のヒビや床の間の結露を疑おう!

2021年09月17日  トイレの水漏れ

トイレの修理や交換が必要になるトラブルとして、水漏れがあります。トイレの床が水浸しになると、衛生的な問題と共に、マンションやアパートなら階下の住人に多大な迷惑をかけてしまうという問題が起こるのです。これは損害賠償に発展しかねないため、早めの対処が必要です。トイレの水漏れの原因や対処法を知って、解決を目指しましょう。

トイレの水漏れはその箇所次第で自力で対応できる場合が多い

トイレの水漏れしやすい箇所を事前にチェックし、把握しておきましょう。そうしておけば万が一トイレで水漏れが発生したとき、スピーディなチェックと対処ができるからです。

●タンク自体と水道管との接合部
●便器と床の間の接続部分
●便器のヒビ

一般的に多いトイレの水漏れの原因は上記の3つです。トイレの床が濡れていたなら、最初にこの3つをチェックしてみてください。タンクが原因で水漏れが起きている場合、タンク自体のほかに内部でトラブルが発生している可能性もあります。ゴムフロートの劣化と、ゴミや鎖がゴムフロートに絡んでいるケースです。ただ、タンク内は簡単に対処できるケースが多いのです。

タンク上部やレバーの付け根からの水漏れは、内部の水位をコントロールする機能にトラブルが発生している可能性があります。その機能であるボールタップやオーバーフロー管や止水栓のトラブルなら、それらを新品に交換すれば水漏れは止まるでしょう。

ウォシュレットも確認し、ナットが緩んで水が漏れているいかどうかをチェックしてください。緩んでいたならモンキーレンチなど使って締め直します。タンクと水道管の接続部から水が漏れている場合、ナットの緩みやパッキンの劣化が考えられるのです。

トイレタンクからの水漏れは応急処置で対処

トイレタンクから水漏れが起きているなら、まず応急処置をしてください。放置すると床が水浸しになりますし、水道代金も高くなります。トイレタンクに限らず、水回り全般で問題が生じたとき、その原因をチェックする前には止水栓を閉めることが鉄則です。タンクと給水管はつながっていますが、表に出ている配管のどこかに止水栓がありますので、平常時からその位置を確認しておきましょう。

止水栓には主に横に溝が入っているタイプとハンドル式があります。横に溝が入っている止水栓は、マイナスドライバーで時計回りに回すと水を止められます。ハンドル式は、手で時計回りに回せば止まる仕組みになっています。トイレの中には、便器の下や左にあるパネルの中に止水栓が入っているタイプもあります。

止水栓を閉めておけば給水が止まるため、落ち着いて問題箇所をチェックできるのです。止水栓を閉めたら水で濡れた床を拭きます。水を放置すると階下へ浸透したり、カビが発生したりするため、すぐに雑巾で拭き取りましょう。

便器と床の接続部分からの水漏れや便器のヒビ割れは自力修理が困難

床と便器の隙間からの水漏れは、床下の排水管にトラブルが生じている可能性が高いため、専門知識がないと修理できず、自力での対処は困難です。水漏れをチェックして、水に色が付いていたり、悪臭がしたりするなら注意してください。

排水管のトラブルは衛生面と悪臭の問題があり、自力での修理や交換は困難です。床を剥がしたり便器を取り外したりする手間や時間がかかります。自力で修理しようとすると、作業過程で正常な部分を破損させてしまったり、結果的に修理代が高くなったりするケースがあるため無理は禁物です。

便器のヒビ割れも、自力での修理や交換は簡単ではありません。応急処置としてガムテープや防水テープを巻きつける対処法がある程度です。軽度の水漏れなら防水パテやコーキング材を使って補修すれば、一旦は治まりますが、根本的な原因が解決したわけではありません。

応急処置をして水漏れが治まったからと使い続ければ、便器のヒビは大きくなっていくだけです。座っているときに便器が割れれば、尖った陶器の破片で大事故になりかねません。便器のヒビ割れ補修は完璧に行わないとならないため、新品に交換したほうが手っ取り早いのです。排水管のトラブルや便器のヒビは早めにプロの業者に相談したほうがいいでしょう。

水漏れと勘違いしやすい結露や尿

水漏れと勘違いしやすいものがあるため、それらを事前に把握しておけば落ち着いて対処できます。たとえば、結露です。温度が低い冬場に起きやすい現象で、便器表面に水滴が発生します。便器に結露を防ぐ加工がされていても、時間の経過とともに機能性が弱まってきて発生するケースもあるのです。

便器の結露は症状が進行すると、床に小さな水たまりができるほどになります。そこから黒ずみやカビが発生するため、窓を開けて換気をしたり、結露防止スプレーや結露防止シートを使ったりして対処しましょう。温水便座の暖房機能を使えば、便器内に溜まる水が温まって室温との温度差がなくなり、結露を予防できます。

同じく水漏れと勘違いしやすいのは尿です。男性の場合、立って用を足したり、座ってしても便座の上を尿が飛び越したり、便座とフタの隙間から尿が飛び出したりするケースがあります。便器の縁にこぼれた尿が側面を伝って床を汚すケースもあるのです。水にしては色が黄色く、1箇所にだけ水たまりができているなら尿の可能性があります。拭き取って、そこをアルコール消毒するのがベターな対処です。

水のサポート香川は三豊市、高松市などで便器の排水管トラブルに対処

水のサポート香川は、三豊市、高松市、坂出市、善通寺市、東かがわ市エリアでトイレの水漏れ全般に対処できます。便器のヒビ割れや排水管の問題にも対処できるため、早めにご相談ください。自力で対処できない内容のトラブルを強引に自力で対応すると、もっと大きな問題に発展しかねません。水のサポート香川がスピーディに水漏れ原因を特定して解決します。

水のサポート香川 0120-670-076

水のサポート香川 0120-670-076