水のコラム

トイレ掃除はDIY(自力)で! 便器や便器の黒ずみ、尿石を効率的に除去

2021年09月17日  トイレのお掃除

トイレの掃除をDIY(自力)でするなら、効率的な方法をマスターしておきましょう。トイレは汚れやすく、尿石や黒ずみや水垢など、簡単には落ちない頑固な汚れの巣窟です。毎回苦労すればストレスになりますし、汚れを溜めてしまえば労力や手間が大きくなります。頑固な汚れをスムーズに落とせれば、掃除が楽しくなるものです。トイレを上手に掃除する方法をご紹介します。

便器や便座の黒ずみ、水垢や尿石の性質を理解して掃除

トイレの掃除で苦労するのが、便器の黒ずみやカビ、雑菌、埃、水垢、黄ばみ、尿石などです。黒ずみや尿石は放置すると状況が悪化し、時間が経過するほど頑固な汚れになります。黒ずみや尿石は、両方とも便器のフチに起こりがちです。黒ずみは、便器の水が溜まっている箇所の上部にもよくできます。

尿石は見た目の悪さの問題だけではなく、悪臭の問題の原因です。尿に含まれている成分が化学反応を起こして石化すると尿石になります。性質は水垢と同じくアルカリ性のため、洗剤は酸性を使用しましょう。ただ、酸性洗剤は大理石やタイルを溶かしたり変色させたりするため、そのような材質のものにつかないように注意してください。できたばかり尿石であれば、中性洗剤だけでも落ちます。

黒ずみはカビや雑菌や埃などが主な原因です。水垢や尿石が酸化することによっても黒ずみができます。黒ずみは酸性の汚れのため、アルカリ性洗剤が適しています。尿石と同様に黒ずみもできたばかりなら落としやすいので、中性洗剤でも対応できます。

中性洗剤の洗浄力は弱いですが、その分、便器や床へのダメージが少ないです。最初は中性洗剤で掃除をして、汚れが落ちにくいなら各原因に合わせた洗剤を使用するといいでしょう。

便器の掃除をするときに用意しておきたい道具と洗剤

便器の掃除をするときに最低限用意したい道具が次のものです。

●使い捨ての拭き取りシート
●ブラシ
●古い歯ブラシ
●トイレ用中性洗剤
●トイレ用酸性洗剤
●トイレ用塩素系洗剤
●ゴム手袋

使い捨ての拭き取りシートは、普段から積極的に使用して掃除しましょう。尿石も黒ずみも水垢も、日頃の掃除不足で生まれます。毎日、本格的な掃除をするのは大変ですが、使い捨ての拭き取りシートを使って短時間で汚れを拭き取るだけでも結果が大きく違ってくるのです。同じシートで便器だけではなく床もキレイにできるので、いつも用意しておきましょう。

トイレ用洗剤は中性洗剤と酸性洗剤がおすすめです。軽い汚れ程度なら中性洗剤で対応できますが、頑固な汚れは酸性洗剤を使わなければ簡単には落とせません。特に便器表面の汚れにはアルカリ性の尿石や水垢が多いため、酸性洗剤が適しています。

黒ずみやぬめりのようなカビ系なら、塩素系洗剤や除菌クリーナーがぴったりです。塩素系の除菌クリーナーはカビ系の汚れを防ぐ効果と除菌効果の両方を期待できます。ただし、塩素系洗剤と酸性洗剤を同時に使うことは「有毒ガス」が発生するため絶対にやめてください。

トイレの大掃除を安全に行うなら、1日は尿石のような黄ばみを取るために酸性洗剤だけを使用し、違う日に塩素系洗剤を使用して黒ずみを掃除するというふうに使い分けるのがおすすめです。また、塩素系や酸性の洗剤は成分が濃いので、肌に付いて荒れるのを防ぐためにゴム手袋をはめて掃除をしましょう。

便器は適切な手順による掃除で効率的に汚れを落とせる

便器の掃除は正しい手順で行いましょう。最初に、拭き取りシートを使って便器のフタを掃除し、次に便座の表の汚れを拭き取ります。便器の外側を拭いて、最後に便座の裏を拭くという順番です。一番汚れているのは便座の裏ですから、最初に拭いて、次にフタという順番だと汚れを移してしまいます。拭き取りシートを使う順番は、汚れていない箇所からが鉄則です。

拭き取りシートで表面をキレイにしたら、次は便器の中を掃除します。中性洗剤を便器にかけてブラシを使って擦り落としてください。あまりに汚れがひどいなら、酸性洗剤か塩素系洗剤を使用します。使用方法は洗剤の説明書きに従ってください。汚れにかけて放置し、最後にブラシで擦って汚れを落とします。

便器のフチの汚れは、トイレットペーパーの使用がおすすめです。便器のフチにトイレットペーパーを押し込んで洗剤をかけてください。トイレットペーパーが便器のフチに貼り付いて垂れないため、長時間、成分を浸透させられるのです。また、便器のフチや溝は大きなブラシではなく古い歯ブラシでこすると汚れが落ちやすいです。

普段から汚れないように予防していれば清潔さを保てる

トイレ掃除が大変なのは、尿石や黒ずみが出てくるまで掃除をしないからです。放置時間が長くなれば、その分汚れは落としづらくなります。普段から拭き取りシートを使って拭くだけではなく、簡単なクエン酸スプレーや重曹スプレーを使っていれば汚れっぱなしの状態を回避できるのです。

床に飛び散った尿を放置すると悪臭につながります。尿が散ってもすぐに拭き掃除をすれば状況の悪化を食い止められるのです。壁も尿が散りやすい場所ですから、拭き取りシートで日常的に掃除をしましょう。

男性なら立って用を足すより、座ってしたほうが、床に散る尿の量を減らせます。この点も踏まえて衛生状態を考え、常にある程度のキレイさを保つようにすることがトイレ掃除を楽にするコツなのです。

水のサポート香川は高松市、丸亀市などの困った尿石や黒ずみを解消

水のサポート香川は高松市、丸亀市、坂出市、観音寺市、さぬき市などの、頑固な尿石や黒ずみをキレイにできます。頑固な黒ずみや尿石に辟易しているなら、水のサポート香川に一度掃除を頼んでリセットするのをおすすめします。水のサポート香川なら、頑固な汚れはもちろん、トイレの詰まりや水漏れの対処までできます。

水のサポート香川 0120-670-076

水のサポート香川 0120-670-076