水のコラム

追い炊きするとお風呂が臭い!臭いの原因や掃除方法を解説

2021年12月06日  お風呂のお掃除

追い炊きすると変な臭いがする・お風呂が臭いと感じる場合、せっかく湯船に浸かってもリラックスできませんよね。

追い焚きしたお湯が臭う原因は、お風呂の配管に雑菌が繁殖しているからかもしれません。体をきれいにするためにお風呂に入いるのに雑菌がお風呂にいるのは、心地いいものではないですよね。

そこで、こちらでは追い炊きすると臭くなる原因やお風呂の排水管掃除の方法、追い炊きしても臭くならにための予防法についてお伝えします。

追い炊きすると臭くなる原因

追い炊きするとお風呂が臭くなる原因はさまざまありますが、主なものに配管に雑菌であるレジオネラ菌が繁殖している場合が考えられます。

レジオネラ菌が繁殖している場合は、入浴する度にレジオネラ菌に触れる可能性があり、健康を害するリスクも高くなるのです。

では、どうしてレジオネラ菌が繁殖してしまうのでしょうか。追い炊きするとお風呂が臭くなる原因から確認してみましょう。

浴槽や浴室の汚れがしっかり落ちていない
目で確認して綺麗に見えても、実際は汚れが落ちていないことがあります。湯船に浸かった時に、浴槽がザラっとする場合は落とし切れなかった皮脂や垢などの可能性が高いです。

隅々まで念入りに浴槽を掃除しても、完璧には綺麗にできません。また、浴槽だけではなく浴室全体となると毎日の掃除は大変です。掃除が行き届かない分、汚れもたまりやすくそれが原因で、お風呂のお湯も汚れてしまうことがあります。

お風呂の排水管に汚れがたまっている
一般家庭のお風呂は、風呂釜で沸かしたお湯を浴槽に注ぐ仕組みのものが多いです。風呂釜には、お湯を抜く配管と注ぐ管の2つがあり、追い炊きするときはお湯を抜く配管から風呂釜へお湯が送られます。

つまり、冷めたお湯は風呂釜からお湯を注ぐ配管に行くまでに温められるのです。もし、配管の中で雑菌が繁殖しているとお湯と一緒に雑菌が、湯船に運ばれてしまいます。

普段浴槽や浴室を綺麗に掃除していても、配管が汚れていたり雑菌が繁殖していたりすると臭いの元となってしまうのです。

前日のお湯を使っている
お風呂にお湯を入れて毎日入ると、それなりに水道代がかかります。そのため節約のために、前日に使ったお湯を追い炊きして使うという家庭もあるかもしれません。

実は、見た目が綺麗なお湯でも、一晩置くだけで菌が繁殖している場合があります。知らず知らずのうちに、皮膚や垢はお湯に流れだしているためそのお湯を追い炊きすることで臭いを感じてしまうのです。

お湯を一晩放置すると、どんな家庭でも細菌の数は約1,000倍にも増殖してしまいます。水の節約のために良い行為ですが、体や健康のためには前日のお湯を追い炊きする行為は控えた方が良さそうです。

バスソルトで排水管が錆びている
最近は、バスタイムを楽しむためのアイテムがさまざまあります。体を温めてくれるものや美容に優れているものなど多くが市販されていますが、その中でバスソルトやバスオイルが追い炊き時の臭いの原因になっていることがあるのです。

バスソルトは塩なので、この塩が排水管のサビを誘発させてしまいます。バスオイルは、油分になるため冷えてしまうと排水管にへばりつきそのまま汚れとなってたまることがあるため注意が必要です。

頻繁にバスソルトを使う場合は、排水管がサビていることが原因で臭いが発生しているかもしれません。

お風呂の排水管の掃除方法

毎回新しい水を使っているのに追い炊きすると臭う、という場合の一番の原因は排水管の汚れです。きれいなお湯で入浴するには、臭いの元となっているお風呂の排水管を掃除する必要があります。

ここでは、排水管の掃除方法について紹介していきます。追い炊き時の臭いをなんとかしたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

酸素系漂白剤を使う
酸素系漂白剤と聞くと「どんなもの?」と不安になる方もいるかも知れません。では「オキシ」「漬け置き用」と聞くとイメージできたのではないでしょうか。

酸素系漂白剤は、ドラッグストアで簡単に手に入りますしお風呂の排水管の掃除以外にも、衣類の洗濯・洗濯槽の掃除・食器やまな板の漂白・除菌などあらゆる水回り掃除に活躍してくれます。

風呂釜の配管の穴が1つの場合
・循環口のフィルターを外す。(外したときに汚れていれば綺麗に洗う)
・配管に通じる穴が隠れる程度の所まで約40度のお湯を入れる。
・200〜300gの過炭酸ナトリウムを別容器でしっかり溶かし浴槽に入れる。
・追い焚きの温度設定を最高温度に設定し追い焚きを行う。
・上5cmほどのところまでお湯を入れる。
・1~3時間放置
・お湯を抜き再度3分程度追い焚きをしてすすぐ。

風呂釜の配管の穴が2つの場合
・浴槽の下の穴をタオルなどでしっかり塞ぐ。
・酸素系漂白剤50g程度を目安に上の穴に入れる。
・40~50度のお湯を上の穴に入れる。
・配管内の汚れが浮き上がるまで(2~3時間)放置。
・ゴム手袋を着用し下の穴のタオルを取り除く。
・シャワーの水圧を利用し上下の穴の汚れを流す。
・穴にフィルターがある場合は、洗う。

追い炊きしても臭くならないための予防法

排水管の清掃の方法がわかっても、頻繁に掃除することは労力がかかります。少しでも掃除の頻度を減らすために予防法を知っておくことが大切です。

毎日のお風呂タイムの工夫
追い炊きのときに臭うのは、体からの皮脂や垢がお湯に溶けだしその汚れが排水管に溜まってしまうためです。それ以外にも、髪の毛もその原因のひとつになります。排水口に髪の毛をキャッチできるような網を設置することも工夫です。

また、排水口のゴミをそのままにしないで、その都度捨てるようにしましょう。お風呂から上がる前に浴槽や浴室をシャワーで流すこともポイントです。毎日、少しずつ掃除することで汚れは蓄積しにくくなります。

掃除は定期的に行うことが大切

排水管の掃除は、臭いが気になるのであれば1週間に1度を目安に、気にならなくなったら1か月に1度と定期的に行うことも大切でしょう。

もし、追い炊きすると臭いだけでなく汚れたお湯が出てくるなどのトラブルが起きている場合は、放置していると思わぬ出費がかかってしまう可能性があります。

お風呂クリーニングを専門にしているプロに任せ汚れをリセットすることも必要でしょう。

水のサポート香川 0120-670-076

水のサポート香川 0120-670-076