水のコラム

使った油を排水口に流すと排水口がつまる?具体的な対処法も解説

2022年06月26日  水回り


料理に使った油をそのまま排水口に流していませんか?
油を排水口に流すと、排水管のなかで冷えて固まり、排水口がつまってしまう原因となります。

油を排水口に流すとつまりの原因になる

料理のときに使う油はサラサラとした液体を思い浮かべるかと思いますが、油を排水口に流すと排水管の中で冷えて、固まってしまうことがあります。
油自体が固くなるというよりも、どろっとした状態となり食べ物カスなどを巻き込み、つまりの原因となってしまうのです。つまりが発生すると、シンクに水が溜まるようになります。
また、食べ物カスが腐敗したまま流れないと、臭いが発生してキッチンに漂ってしまいます。
高温の油を流すのは危険
料理に使用した油がまだ熱いまま排水口に流してしまうと、排水管にダメージを与えてしまいます。量・温度によっては排水管に穴が空いてしまう恐れもあるため、危険です。
また、シンクに水気ある状態で熱い油を流すと、油がはねて火傷する恐れもあります。揚げ物のような油を大量に使う際には拭き取る、固めるなどの対処をしている人でも、炒め物など一見さほど油を使っていない調理の際には気にせず流してしまうことがあるかもしれません。
「量にかかわらず、高温の油は流してはいけない」と注意しておきましょう。

適切な油の処理方法

では、油を処理するにはどうしたらよいのでしょうか。
ここで、適切な油の処理方法をご紹介します。
紙・布にしみ込ませて捨てる
揚げ物を行ったときなど大量の油を捨てたいときには、紙や布にしみ込ませて捨てることをおすすめします。熱いうちに行うのは危険ですから、必ず油が冷めた状態で行ってください。
牛乳パックに入れて捨てる
油の量が多い場合には、牛乳パックのなかに紙を敷き詰めて油を入れ、封をして捨てる方法もあります。
夏場など温度が高くなることが予想される場合には、あらかじめ紙に水分を含ませておき、そのうえで油を入れるようにしてください。水分がまったくない状態だと、高温の環境となったときに発火する恐れがあります。
市販の凝固剤を使って処理する
油の凝固剤は、油に入れるだけで液体の油を固めてくれるものです。
ロウのような固形になるので、ごみ箱に入れて捨てることができます。
小麦粉や片栗粉を使って処理する
凝固剤がない場合には、小麦粉や片栗粉で代用が可能です。
液体の油と混ぜ合わせることで半固体となり、捨てやすい形状となります。

排水口がつまったときの対処方法

では、これまで油を流していたことで排水口がつまってしまったときには、どのように対処したらよいのでしょうか。
見える部分のゴミを取り除く
排水口のゴミ受け部分、または排水トラップ部分にゴミが溜まり、水が流れない状態となっている場合、ゴミを取り除けば問題なく水が流れていくはずです。
ゴミを取り除いても水が流れない場合には、排水管のなかでつまりを起こしている場合があります。
ラバーカップを使ったつまり解消方法
ラバーカップはトイレのつまりを除去するために使われることが多く、一般的に「スッポン」とも呼ばれています。
使い方としては、トイレがつまってしまったときと同じように、おわん型のゴム部分をキッチンの排水口に密着させ、抵抗を感じたら力を入れて引っ張ります。
数回押し引きを繰り返れば、つまりを解消できるでしょう。
真空式パイプクリーナーを使用する
ラバーカップでどうにもならない場合には、真空式パイプクリーナーを使用するのもおすすめです。真空式パイプクリーナーはラバーカップと似た形状で、使い方も同様です。
しかし、一般的なラバーカップよりも真空式パイプクリーナーの方がつまりの解消効果は高いのが特徴です。ホームセンターなどで1,000~2,000円程度で販売されているので、洗剤などを買い足すタイミングで購入し、用意しておくと便利です。
困ったときは水道業者に依頼しよう
「自分でやってみたものの、どうしてもつまりがとれない」という人は、水道業者に連絡しましょう。水道業者は、排水口の奥で起こっているつまりにもスピーディに対処し、キッチンを快適に使える状態にしてくれます。
また「排水トラップに触るのに抵抗がある」「徐々につまってきている感じがあるが、忙しくてなかなか対処できない」などの場合にも、水道業者に依頼することをおすすめします。
水道のトラブルはいつ起こるかわかりませんから、事前に業者の目星をつけておきましょう。
お住まいの地域に対応している業者のなかで、多くの実績があり、服装や接客姿勢などがしっかりしているところを選んでおけば、いざトラブルが起きたときにも慌てないで済みます。

まとめ

この記事では、使った油を排水口に流すことで起こる症状や具体的な対処法について解説しました。揚げ物など大量に油を使用するとき以外にも、日常的に少しずつの油を流し続けるのもつまりの原因となります。
もしつまりが起きてしまったら慌てずに、まずは自分でできる対処法から試してみましょう。もし自分で対処できない、対処してもどうにもならない場合には、地域の水道業者に依頼することをおすすめします。
水道業社を選ぶ際には実績を確認したうえで、口コミや評判を参考としてみてください。作業がスピーディな業者であれば、もしつまりが起きてしまったときにもすぐに解消できます。
また「家に人を入れる」という面から、作業スタッフの接客姿勢にも注意して口コミをチェックするようにしましょう。困ったときに感じのよいスタッフに対応してもらえれば、それだけでも心がラクになるものです。
いざというときに慌てないよう、あらかじめ水道業者をチェックしておくとよいでしょう。

水のサポート香川 0120-670-076

水のサポート香川 0120-670-076