水のコラム

トイレにティッシュを流すと詰まってしまう?解消策は?

2022年11月03日  トイレのトラブル

誰しも一度はトイレにティッシュを流してしまったことがあるのではないでしょうか。公衆トイレに入ったらトイレットペーパーが無くてティッシュを使うしかなかった、などというシチュエーションになった人も多いかと思います。

では、なぜティッシュはトイレに流してはいけないのでしょうか。その理由をしっかり説明できる人は少ないかもしれません。

今回は、なぜティッシュを流してはいけないのかという理由を説明するとともに、詰まってしまう原因や解消策についてご紹介します。

トイレにティッシュは流しちゃいけない?

トイレにティッシュを流してはいけないことは、大多数の人が知識として知っています。では、実際なぜティッシュをトイレに流してはいけないのでしょうか。

ティッシュは水溶性ではないから
トイレに流すための紙として作られたトイレットペーパーとは違い、ティッシュは水に溶ける性質をもっていません。ティッシュが仮に水に溶けるようであれば、鼻をかんだり汚れを拭いたりした際に溶けてしまって、ティッシュとしての役割を果たせないことになります。そのため、水に溶けない性質であるのは理にかなっているということです。

水に溶けないということは、固体のまま排水管を通ることになるので結果的に詰まりの原因になります。ティッシュの種類によっては水に流せるタイプのものも販売されていますが、基本的には水に溶けないことを覚えておきましょう。

大量に流すと詰まる可能性が高いから
トイレットペーパーにおいても大量に流すと詰まる可能性はありますが、ティッシュはそのリスクが更にあがります。仮に1・2枚流して詰まらなかったとしても、その時はたまたま詰まらなかっただけかもしれません。

一度ティッシュを流すと、流しきれなかったティッシュが排水管の内側にこびりつき溜まっていきます。そして、この汚れのせいでどんどんと水の通りが悪くなり、トイレつまりを生み出します。

大量にティッシュを流さなければ大丈夫だと考えるのではなく、トイレにティッシュを流すのはやめるようにしましょう。

トイレの構造上の問題
トイレの排水管には封水という水を溜めておくスペースがあります。水を溜めておくことで、悪臭を防いだり外部から害虫が上がってくることを防ぐためです。

封水のスペースやその奥の排水管はS字構造になっており、トイレットペーパー以外の異物は通りづらいです。そのため、水にとけないティッシュペーパーもS字部分を乗り越えられず詰まってしまうということです。

トイレットペーパーとティッシュの違い

見た目からすると特に違いが分からないトイレットペーパーとティッシュですが、性質にどのような違いがあるのでしょうか。

トイレットペーパーやティッシュのような紙は、基本的に木材が原料となっています。木材をパルプという植物繊維に加工して、紙をつくります。

パルプの種類は、広葉樹や針葉樹といった木から作られる木材パルプ、再生紙から作られる古紙パルプ、それ以外のタケやケナフから作られた非木材パルプ、合成繊維パルプなどがあります。紙のもととなるパルプにこれだけ種類があるので、紙にも多くの違いが生まれるのですね。

では、トイレットペーパーはなんのパルプを使っているのかというと、広葉樹から作られる木材パルプを使用しています。広葉樹は短繊維であるため、水に溶けやすい紙を作ることができます。トイレットペーパー以外にも、水に流せるトイレクリーナーなども同じ素材で出来ていることが多いです。用途に合った素材だといえるでしょう。

一方、ティッシュはなんのパルプを使っているのかというと、針葉樹から作られる木材パルプを使用しています。針葉樹は長繊維であるため繊維がほぐれにくく、さらに湿潤紙力増強剤という薬を上から重ねることで繊維をほぐさないよう強化しているのです。ティッシュは水分を拭いても溶けずにキャッチしなければならないので、理にかなった素材だといえますね。

このように、トイレットペーパーとティッシュでは素材そのものが違います。それぞれ使い方に合わせた素材になっているので、メーカーに勧められた使い方をするのが正しいということです。

また、トイレットペーパーが水に溶けやすいのも、実際は溶けているのではなく流れやすいように繊維がほぐれているだけです。そのため、いくらトイレットペーパーでも大量に流してしまうと詰まる可能性があるので、それだけは覚えておきましょう。

トイレにティッシュが詰まった時の解消策は?

実際にトイレにティッシュが詰まってしまったときはどのように解消すればいいのでしょうか。

トイレ専用のパイプクリーナーを流す
薬局などで買うことができるパイプクリーナーを流すのもおすすめです。パイプクリーナーは、排水管の詰まりや汚れを予防したり解消するための製品です。自分の手を汚すことなく解消できるので、手軽に試すことができるのではないでしょうか。

しかし、パイプクリーナーの中にはトイレ用と書かれていないものがあります。そのような製品の中に物質を熱を使って解消するタイプのものがあり、トイレで間違って使用すると排水管を傷めてしまう可能性があります。そのため、パルプクリーナーを使用する際は、必ず説明書きを確認した上で使用するようにしましょう。

ラバーカップのような詰まりを解消する道具を使う
ラバーカップというのは、便器の溜め水にゴム製のカップを押し当てて引き抜くことで詰まりを解消できる道具です。一般的に、スッポンと呼ばれています。

引き抜いたときにゴボゴボと音が鳴り水が流れ始めたら、詰まっていたものが流れた証拠です。昔から使われているものですが、手軽に手に入れることができるので試してみましょう。

しかし、トイレットペーパーやティッシュ以外の水に溶けない硬いものや、オムツなどの水を吸収するものはラバーカップで解消できない場合があります。

自然にティッシュが流れるのを待つ
ティッシュを数枚流しただけであれば、自然に流れるのを待って解消される可能性もあります。前述したようにティッシュも繊維の集合体なので、水を含んでやわらかくなると自然に流れることがあるからです。

しかし、いつ解消するかはわからないので、数日トイレを使えない場合があることだけ覚えておきましょう。あまりにも詰まりが解消しないときは、他の手段を考えてみてください。

ハンガーなどのものでティッシュを掻き出す

ティッシュが詰まった場所が割と入り口付近の場合は、ハンガーなどの曲がるものを使用すれば掻き出すことができます。掻き出すことができなければ押し込んで流すこともできるので試してみましょう。

まとめ

今までトイレにティッシュを流したことはあるが、詰まったことはないという人もいるかもしれません。しかし、今回説明したように、ティッシュは非常に詰まりやすくトラブルを招きかねません。非常事態でない限り、トイレにティッシュを流すのはやめましょう。

外出先でどうしてもティッシュしかないという場合は、1枚ずつちぎって流したり、燃えるゴミに捨てるなどして対処しましょう。間違っても、大量に流したり連続して流すことはしないでください。

自宅でティッシュを詰まらせてしまうと、最悪の場合業者に頼んで修理してもらうことになります。そうなると、費用も時間もかかるので、自宅ではトイレットペーパーを切らすことの無いよう気をつけましょう。

水のサポート香川 0120-670-076

水のサポート香川 0120-670-076