水のコラム

シャワーとカラン切り替えができない!その修理方法について解説

2022年11月30日  お風呂


浴室にいるとき、突如シャワーの水出っぱなしになる、シャワーとカランの切り替えが全くできない、といった問題が生じるケースがあります。

そのような問題が生じても、原因がつかめれば迅速に対応できます。本記事では、シャワーが壊れたときの原因と修理方法をご紹介します。

シャワーの故障原因と改善方法

シャワーの不具合原因がみつからなければ、対応のしようがありません。はじめに症状ごとに、シャワーの不具合原因と解消方法をみていきます。
シャワー・カラン切り替えハンドルが停止しない
シャワー・カランの切り替えハンドルが停止しない場合は、切り替えバルブ箇所が経年の老朽化により壊れている状況が考えられます。

不具合の原因が老朽化であっても、物理的衝撃であっても、そのままでは状態の悪化になるので使い続けられません。切り替えバルブ箇所か水栓本体を交換しなければならないでしょう。

シャワーの水が出つづける
シャワーの水が出続けるときは、複数の原因が想定されます。以下3つの主な原因と解決法を紹介しますので、参考にしてみてください。

・シャワー内に水が残っている
シャワーヘッドを上方に向けると水が停止するときは、シャワーヘッド内部に水が残留している状況です。シャワーヘッド内に空気が入り、水の表面張力によって流れずにいた水が流れているのです。

シャワーヘッド内部に水が残ることは不具合ではないので、シャワーのヘッド部分を下方に向けて残った水を出し切れば流水は停止します。

・切替バルブ部分の不具合
シャワーヘッドを上方に向けても水が出つづけるときは、切り替えバルブ箇所が壊れている可能性があります。もしくは、バルブ箇所がゆるんでいて水を制御できなくなっているかもしれません。

バルブ箇所を締めなおしても水が出つづける場合は、バルブ箇所が壊れているとかもしれませんので、新しくバルブを購入し取り替えたほうがいいでしょう。

・水栓本体の不具合
切り替えバルブ箇所にも問題がなければ、水栓本体の不具合です。その際はパーツの取り替えなどでの解決は困難なので、水栓本体を新品のものと取り替えることをおすすめします。

シャワーの水が出てこない
シャワーの水が出てこない場合は、いくつかチェックしておくべきことがあります。新しい住まいや引っ越した直後の家のケースでは、水道の元栓や止水栓が閉まっていることがあるので、あらかじめ開けておくといいでしょう。

栓が開いているのに水が出てこないときは、内部のつまりか不具合です。長期で使用している場合は、シャワー内部にゴミ汚れがつまっている可能性もあります。一旦清掃して観察してみましょう。

清掃しても改善しない場合、壊れている可能性が高いです。切り替えバルブ箇所か水栓本体の問題が原因かもしれません。

また、水は出るがお湯が出てこないというときは、給湯器がトラブルを起こしているかもしれません。切り替えバルブ・水栓本体・給湯器の不具合のケースでは、専門業者に頼んで新品に取り替えることをおすすめします。

湯温に変化がない
シャワーは使用できるけれど湯温が変わらないというケースの原因は複数考えられます。以下、代表的な5つの症状をご紹介します。

・給湯器の温度設定が低い
湯温は給湯器の設定温度を超えた温度にはなりません。温度設定を変えて、必要温度まで上げてから使ってください。

・温度調整ハンドル箇所の調節不良
給湯器の温度設定に異常がなくても、シャワーの温度調整ハンドルの表示と実際の温度に誤差が起きることがあります。

温度調整ハンドルの表示どおりのお湯を出せるようにするためには、事前に自分で調節しておく必要があります。調整のやり方は、ご自宅の水栓の取り扱い説明書に書いてあるはずなので、一回調節してみましょう。

・水の圧力が高すぎる
水の圧力が高すぎると、給湯器から出される湯量よりも水量のほうが出てくる量が多くなるので、温度調整が困難になります。出てくる水量と湯量が均等になるように水圧を調節しましょう。

・切り替えバルブ箇所の不具合
水圧や温度調整をしても改善されない場合は、切り替えバルブ箇所の不具合かもしれません。新品に取り替えて、改めて自分に適した温度に調節しましょう。

・水栓本体の問題
各所の調節や切り替えバルブ箇所の取り替えをしても改善されなければ、水栓本体の問題が考えられます。新品の水栓に取り替えるのがいいでしょう。

ハンドル部分が空まわり
ハンドルが空まわりするときは、内部パーツが損傷している可能性が高いです。水道のハンドル部分には、スピンドルやコマパッキンといったパーツが付けられています。

長期間使っていると、摩耗による経年劣化で、ハンドル部分が空まわりしてしまいます。パーツを新品に取り替えましょう。

ここまでご紹介したように、シャワーやカラン部分の不具合といっても原因や改善方法はさまざまです。ちょっとした清掃や自分の調整で改善することもありますが、バルブ箇所などのパーツや水栓本体の取り替えが必要な症状もあります。

パーツや水栓本体の取り替えを自力でおこなうのは困難で、取り替えのときに接続や設定を間違う危険もあります。そのような間違いがなく一回の修理でスムーズに使うには、水道業者に頼むのが最適でしょう。

シャワーの故障修理手順と必要なもの

シャワーの不具合は、自力での修理が簡単ではないですが、できないわけではありません。自力で修理をするときに必要となる工具を以下、ご紹介します。

また、取り替えるものによって方法が異なるので、それぞれのパーツや水栓本体の取り替え方法と作業するときのポイントもあわせてご説明します。ぜひ参考にしてみてください。

必要となる工具
必要となる工具は、モンキーレンチとドライバーです。取り替えるバルブやスピンドル、水栓などを購入するときは、ご自宅の設備と同製品か互換性のある製品でなければ使えません。交換品を購入するときはご自宅で使える製品かチェックしてから購入しましょう。

シャワー・カランの切り替えバルブを取り替える手順
切り替えバルブは製品メーカーへの注文もしくはホームセンターでも購入できます。作業は止水栓を必ず閉めてからしましょう。

はじめにハンドル箇所のキャップを外し、ドライバーでネジのところをゆるめてハンドルを外します。つづいて、水栓本体とシャワーをつなげているナット部分を、モンキーレンチを用いて取り外し、古い切り替えバルブを外します。

そこに新しく購入した切り替えバルブを付けたら、再びナットを付けて締め直し、ハンドルとハンドルカバーを元通りにして終了です。

スピンドル・コマを取り替える手順
ハンドルが空まわりするときは、スピンドル・コマを取り替えます。サイズをチェックしてホームセンターかオンラインショップで購入しましょう。バルブ部分の取り替えするときと同じく、取り替え作業は止水栓を閉めてからします。

はじめにドライバーを用いてハンドル部分を取り外します。カバーが付いたハンドルのケースは、カバーを取り外してからハンドルを着脱してください。

ハンドル部分には細かなパーツが複数あるので、紛失しないように解体し、新しく購入したスピンドルとコマを付けます。あとは分解したときと逆の手順でパーツを元通りにして終了です。

切り替え弁の修理は業者依頼がベター

ハンドルやナット取り付け外しだけなら、さほどむずかしい作業ではありませんが、誤った手順を踏めば、症状が悪くなったり以後使えなくなったりする危険があります。

とりわけ、ハンドルの奥部分にある切り替え弁の修理作業は、使い古されていると固まってしまい抜けづらくなっており、強引に引っ張ると折れるリスクもあります。したがって、無理なく作業するには業者への依頼がいいでしょう。

まとめ

今回は、シャワーとカラン切り替えができないときの修理方法について、主に解説してきました。

切り替えができないときの原因は経年による劣化の場合がほとんどと言っていいでしょう。部品交換で済む場合は、自宅シャワーとの互換性やサイズに注意しながら新しい部品を購入して対応しましょう。

水のサポート香川 0120-670-076

水のサポート香川 0120-670-076